Book

夢見た旅 (Hayakawa novels―Novels for her)作者: アン・タイラー,藤本和子出版社/メーカー: 早川書房発売日: 1987/09メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る21. Mar - Satアン・タイラー「夢見た旅」読了。「なべてこともなし」な世界を描くた…

ジェイン・オースティンの読書会作者: カレン・ジョイファウラー,Karen Joy Fowler,矢倉尚子出版社/メーカー: 白水社発売日: 2006/01メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 41回この商品を含むブログ (67件) を見るパッチワーク・プラネット (文春文庫)作者: …

16. Mar -Mon ホテル木暮 - 楽水楽山(千明仁泉亭) - Maniackers Design Office - 赤坂堂書店 - 丸亀製麺高崎店 - 高崎駅写真を見てもらえば一目瞭然だと思うけど、とても良いパーティでした。東京からカジ君一行とクルマで群馬に向かったのも楽しかった。…

大手の出版社から発行されている文庫解説目録をまとめてもらってきました。トイレタイムにきまぐれ手にとっては、ピラピラ眺めてるのですが、文春文庫の目録に掲載されてた東海林さだおさん・・・この人もある意味で「特殊漫画大統領」なんじゃないかとつねづね…

映像夜間中学講義録 イエスタディ・ネヴァー・ノウズ(DVD付)作者: 根本敬出版社/メーカー: K&Bパブリッシャーズ発売日: 2009/03/06メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 53人 クリック: 1,529回この商品を含むブログ (11件) を見る三ヶ月連続新刊の第二弾…

完全復刻版 新寶島 豪華限定版作者: 酒井七馬,手塚治虫出版社/メーカー: 小学館クリエィティブ発売日: 2009/02メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 12回この商品を含むブログ (4件) を見るマンガといえば。以前、このエントリーで紹介した酒井七馬×手塚治虫…

そういえば、この整体院はたぶん院長の趣味だと思うんだけど、待合室のマンガが充実していて、ドラゴンボールやスラムダンクや花より男子といっしょに、浅野にいおとかオノナツメの作品なんかもたくさん置いてあります(BGMは東儀秀樹とか葉加瀬太郎だったり…

前回のエントリーへ反響を寄せてくださったすべての皆さんに感謝します。とはいえ、メッセージの仲介をささやかにお手伝いしたにすぎないぼくへではなく、より本質的な反響が紛争の犠牲になっている人たち・・・壁へおしつぶされそうになっている卵たちに届くこ…

へうげもの(8) (モーニング KC)作者: 山田芳裕出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/02/23メディア: コミック購入: 9人 クリック: 27回この商品を含むブログ (104件) を見るヒストリエ(5) (アフタヌーンKC)作者: 岩明均出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/…

一足の靴が一個の人間を運んで湘南を出た。一個の人間はふわふわとして落ち着かぬ男だ。彼は面の皮も厚く無い、大胆でも無い。而も彼をして少しく重味あり大量あるが如く見せしむるものは、その厚皮な、形の大きい『一足の靴』の御陰だ。・・・と、いうことで。…

「真理先生」読了。歴代のガロ編集長・・・故・長井勝一さん(木造モルタルの王様)と故・渡辺和博さんに対して、根本さん、本書のプロデューサーであるみうらさん、装丁の南伸坊さんが勧進帳スタイルで無言の弔辞を読む光景(=無念)が、ふと目に浮かびました…

・・・じゃなかった。 根本敬 / 真理先生(青林工藝舎)2004年『en-taxi』に掲載された処女小説「小説」を中心に、ほぼ未発表に近い状態のエッセイ、『アックス』連載の「近況」等、選りすぐりの文章を集めさらに読みやすく加筆修正した、根本敬初の「文字だけ…

バクマン。 1 (ジャンプコミックス)作者: 大場つぐみ,小畑健出版社/メーカー: 集英社発売日: 2009/01/05メディア: コミック購入: 15人 クリック: 501回この商品を含むブログ (647件) を見るこのブログで扱っている話題の中で比較的反響が多いのが、コミック…

それにしても寒いですね。未明からは雪の予報も出ております。ぼくもご多分にもれず風邪気味なんですが、土曜日のトークショー@新宿タワーへ元気に参加できるよう、しっかり養生しないとー。で、今日はふとんのなかで、これまた発売から五年以上遅ればせな…

ヤバイ、気が付いたら二日連続で「朝まで只野仁」を見てしまっている! なんてことはさておき。正月恒例の・・・と云えば、大滝詠一×山下達郎の新春放談@サンデーソングブック。なんと今年で二十五回目。で、今日はその前編がオンエアされたんですが、例年以上…

鈴木先生 6 (アクションコミックス)作者: 武富健治出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2008/11/28メディア: コミック購入: 3人 クリック: 18回この商品を含むブログ (71件) を見る岳 8 (ビッグコミックス)作者: 石塚真一出版社/メーカー: 小学館発売日: 2008/11…

ここ数日、ぼくの脳みその中だけでスクスクと更新作業をしてたのですが(エア・ブログ)、残念ながら皆さんには読んでもらえていないご様子。 仕方がないのでなんか書き始めてみます。 エー、死んで花実は咲くものか、などと申しますが、著名な作家、音楽家…

僕の小規模な生活(2) (KCデラックス モーニング)作者: 福満しげゆき出版社/メーカー: 講談社発売日: 2008/10/23メディア: コミック購入: 12人 クリック: 126回この商品を含むブログ (136件) を見る来春までの連載休止は淋しいかぎり。でも待ちに待っていた第…

コーマック・マッカーシーの日本語訳されている全著作・・・「すべての美しい馬」「越境」「平原の町」「血と暴力の国(ノー・カントリー)」、そして「ザ・ロード」を読了しました。 この人の小説は最初の1ページを読みきるのが大変で、建物に喩えるなら玄関の…

時々・・・というより、ブログのネタとしてはすでに恒例化してしまったコンピューター関係のトラブル話から。 ・・・・・・おい、そこ。またか、とか云わない! さて、今回はですね、迷惑メールフィルタの設定を改めたら、過去数年分のメールを全消去してしまったとい…

ジョン・アーヴィング「また会う日まで」読了。執筆期間は六年半に及び、原書の総ワードは約32万語。日本語訳は上下巻で一千ページ強という、文句なしの大長編。上巻は読み通すのに結局10日くらいかかったのですが、下巻の方は、ちょうど昨日でキリがついた…

午後からは薄曇りになったものの、外出日和であるのはまちがいなく、ひさびさに茅ヶ崎まで遠乗り。海沿いのサイクリングロードはたくさんのジョガー、ウォーキング中の老夫婦、バーベキュー中の若人グループ、デート中のカップル、大小さまざまなこどもと、…

ぼくが新作をもっとも待望してる、そしてこれからもまちがいなく待望するであろう作家が、ジュンパ・ラヒリ。彼女の新しい短編集「見知らぬ場所」が、新潮クレストブックスの創刊十周年シリーズの一冊として発売されているのを発見(待望してるわりに・・・)。…

世間の流行廃りなどお構いなしだ。世界中のBボーイたちが決して足を向けて寝ることを許されないヒップホップ/ソウル/ファンク/ジャズ界の諸先輩方を、毎回アッと驚く独自の選球眼で掘り下げまくったメイン特集、そして、おもわず「捏造したんじゃないの?」…

向田邦子が台湾で客死してから、今年で二十七年になる。正確には1981年8月22日、つまり明後日が命日だ。つい先日、山口瞳のエッセイ集・・・・・・週刊新潮で約三十年間にわたって長期連載していた「男性自身」のなかから、重松清と嵐山光三郎がそれぞれ選りぬきし…

本屋と云えば、先日、八王子の某書店内で起こった通り魔殺人事件。場所も変わり、厳密には同じ店とは云えないかもしれませんが、あそこはぼくが大学時代にバイトしていた店でした。私鉄のターミナル駅が真ん前にあったので、ほんとうに目が回るほど忙しかっ…

七月末のこと。山本直樹「レッド」二巻を求めて近所の本屋へ行った折、冷房がキィンと効いた店内を巡っていたところ、買いそびれていた坪内祐三さんの「私の体を通り過ぎていった雑誌たち」が目に入り、併せて購入しました。 この本を読み進めていく中で(坪…

ぼくが生まれた昭和44年に「ひみつのアッコちゃん」が、つづいて「天才バカボン」のアニメ版が昭和46年に放映開始されたから、ぼくの赤塚体験はマンガ雑誌より、テレビが先でした。 初めて買った先生の単行本は曙文庫の「モジャモジャおじちゃん」。小学校一…

鈴木先生 5 (アクションコミックス)作者: 武富健治出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2008/07/11メディア: コミック購入: 9人 クリック: 45回この商品を含むブログ (80件) を見る待望の新刊が発売されました。ついに小川”カミサマ”蘇美の家庭訪問が実現し、夏…

現在、唯一定期購読している雑誌が「本の雑誌」。もっとも楽しみに読んでいた津野海太郎さんの連載「サブカルチャー創世記」が今月号で最終回になってしまった。今秋には単行本化されるということですが、発売が遅れてもかまわないので、大幅な加筆に期待し…