Football

スペイン優勝!

スペインにとって準決勝ドイツ〜決勝オランダは最高の組み合わせと言えました。たぶん選手たちもそう思ってるはずです。今のスペインはオールモスト・バルサ。バルサはCLでドイツのチームにもオランダのチームにもメッポウ強い。ちゃんと調べたわけじゃない…

スペインリーグのプレシーズンも終盤。我がFCバルセロ〜ナはシーズン開幕前にもかかわらず、先日のスーペルコパで一冠目を軽々とゲットし、早くも二冠目(金曜日に開催される欧州スーパーカップ)に手がかかっております。まずまずの仕上がり。充分な補強が…

コンフェデレーションカップ準決勝アメリカ対スペインをネット観戦しておりました。ここまで順調に航海していた無敵艦隊が一点も取れずに敗北。国際大会連勝記録も国際Aマッチ36戦連続不敗の記録もストップ。 まるで悪い時のバルサの攻撃と悪い時のレアル・…

今日は一日中、大一番を前にフワフワした気分。あきらかにいつもと違う不思議なテンションの僕は電話で話した友人にもメールでやりとりした仕事先の人にも、整体院の人にも、夜、ちょろっと顔を出したオッパーラで出会った友人たちにも笑われたのですが、め…

話題としては数日遅れてしまいますが、今シーズン三冠を目指している我らがFCバルセロナ、まずは一冠目の国王杯を獲得しました。放映権を持ってるWOWOWが放送しなかったので、ネット中継にて観戦。 結果的には1対4と、まさにバルサの圧勝。しかし、2対6で勝…

これを書いている現在は・・・午前八時半。先ほどまでCLの準決勝戦、チェルシー対バルサの2nd Legを観戦しておりました。 負けを九割九分覚悟しなきゃいけないような酷い出来だったバルサ。じつに不運な形で先取点を取られ、的確なカウンターで急造DFラインは青…

更新作業のドサクサで、昨日アップしていたフェルナンド・トーレスの怪しげなCMに関するエントリーが消えてしまったんですけど(コレとかコレとかコレのことです)おそらくナイキが仕掛けたバイラルCMじゃなかろうか、っていう結論で。それにしても週末の対…

今年は四年に一度のEURO開催年だったこともあって、選手の移籍や監督の移動も激しく、欧州サッカー好きにはたまらないシーズンになっています。 大きな傾向としては、クラックたち(スーパースター)の動きが少なかった代わりに、EUROで注目をされた、伏兵/…

今朝のロシア戦で、スペイン代表はふたつの違うチームになりました。前半、ピッチにいたのは黄色いセカンドユニフォームを着た、ふかしたカボチャたちでした。そこで魔法使いのアラゴネス爺さんがハーフタイムのロッカールームの中で、ムニャムニャと呪文を…

今朝、88年ぶりにイタリアを公式戦で下したスペイン。イタリアはグループリーグでオランダにも30年ぶりの敗北。人間一人の寿命を飲み込むほど長い呪縛に打ち克った方も凄いけど、それだけの期間、負けなかったイタリアはもっと凄い。EUROはひとつのピークを…

オランダ 4ディルク・カイト (9') - ロビン・ファン・ペルシ (59') - アリエン・ロッベン (72') - ヴェスレイ・スナイデル (90'+2) フランス 1ティエリ・アンリ (71')アズーリに続いて、レ・ブルーも粉砕。恐れ入りました。なにも言うことありません。準決勝…

心優しき誰かから「来月の誕生日にナニが欲しい?」って訊かれたら「レーザーレーサー!」と即答したいミズモトアキラです。ちなみに気になるお値段ですが、全身ヴァージョンで¥69,300 (本体価格 ¥66,000)だそうです。金メダルという一生涯の栄誉を得るた…

オランダ対イタリアがたった今、終了。スコアはなんと0対3。オランダがほぼ一方的にイタリアをボコっての完勝劇。いったい誰がこんなスタッツを想像しただろーか?! まあ、あれだけ中盤を完全制圧され、セカンドボールも面白いように拾われれば、自滅もやむな…

ドイツ代表の若きプリンス、ルーカス・ポドルスキーはグラウンダー気味のクロスを、相手ゴールの中央へ叩き込んだあと、ほとんど表情を変えないままでチームメイトの祝福を受けた。 ゴールゲットした敵チームはポーランド・・・つまり、ポーランドからの移民で…

今日からEURO2008がスタートです。先ほど組み合わせ表などを見ながら、予想してみましたところ、こうなりました。決勝カードはドイツ対イタリアでドイツ優勝。ほんとはスペインに優勝して欲しいんですが、どーなりますやら。とりあえず今日からはまたヨーロ…

http://jp.uefa.com/competitions/ucl/index.html 予想は・・・2:1でチェルシー勝利。そして三時間後。「いつのまにオレ、こんなにチェルシー好きになってたんだ!」とビックリしながら、息を詰めて見守ってたんですが、試合のほとんどを支配されていても、ロナ…

で、そんなこととはまったく関係なく!FCバルセロナの今シーズンが、じつに惨憺たる結果で終戦を迎えたことにより、ヴォルテージもすっかり下がっていたぼく。それをすっかり回復してくれたマジック・ポーションが、このナイキの新CM。ディレクターは「ロッ…

Semi-finals - 23 April 2008 - Camp Nou - Barcelona FC Barcelona 0-0 Manchester Unitedたった今、終了。ほんとうに「ゴジラVSエビラ」的な展開だったので、驚きました。 (エビラは)水中戦が得意でゴジラを水中に引きずり込こみ、体を鋏で挟み、その固…

欧州CLリーグも大詰め。準決勝の残り4チーム中、プレミア勢が3チーム。残りのひと席に座っているのがぼくの贔屓チームであるバルセロナ。ほとんどクジ運だけで残ってきたような気もするけど、このままプレミア勢同士の決勝というのは盛り上がりません。 で、…

睡眠時間をズラし、テレビの前でふたつの「逆転」に息を呑んだ昨日深夜〜今朝。 まず午前三時から始まったのはバルサ対オサスナ戦。画面が白く煙るほどに強い雨がピッチ上へ降り注ぐなか、シャビのハーフボレーシュートが試合終了2分前に決まり、バルサ辛勝…

良識ある国民の皆様がにわか応援団と化したハンドボールは捨て、サッカーの対ボスニア戦をじっくり見ました。後半に三点をまとめ取りし、スコアの上では完勝。改善すべきポイントはあるけれど、つまらないミスが少なくて、充分楽しめました。ただ、問題はそ…

今夜はしつこく告知しているように、年に一度の忘年会的大イヴェントであるのはもとより、ちょうどぼくらがDJしている時間帯には、地球の三分の二くらい裏側(スペイン)で、サッカー界の大イヴェント「クラシコ(FCバルセロナ対レアル・マドリー)」が開催…

<今日のもしや> 浦和レッズがACミランに勝っちゃった場合、ここ数試合の結果を踏まえるとこうなります。 愛媛FC>横浜FC>浦和レッズ>ACミラン 凄いぞ、ACミカン!

<巨星墜つ>カールハインツ・シュトックハウゼンさんが12月5日に逝去。奇しくもヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの命日でした。 <ホワッツ・ゴーイン・オン?>ピーター・バラカンさん、講演のために訪れていた三田の教会にて暴漢に襲撃される。…

よく勝ち抜けました。ぼくのマン・オブ・ザ・マッチは文句なしで水本*1。反町云うところの「地獄」巡りを経験することで、メンタル/フィジカル両面で見違えるほどタフになったし、なにより顔つきが別人のように男らしくなりました(鼻も折れてさらに太くな…

うちの父がオシムさんと同じ経緯(不整脈→血栓が脳へ)で軽度の脳梗塞になったこともあり、まったく他人事とは思えないニュースだった。昨晩あたりから冬の冷えこみが本格化したことも、彼の体調へ影響したかもしれない。歴代の代表監督の中でもっとも実績の…

不思議なリンクは続く。日本対スイス戦は、今夜オーストリアのクラーゲンフルトで試合が行われた。4対3の大逆転勝利。後半に限っては、オシムが率いてからベストの出来じゃないかな。途中交替した選手が得点に絡む展開なんて、ホントにめずらしい。*1 とにか…

あ、もしもし、俺です、ミズモトですよ。ひさしぶりだね。ゲンキしてた? あ、そう。ん? あー、まあ、こっちはボチボチかな。最近はもっぱらウチで仕事してるから、なかなかそっちにも行けなくてさぁ。ゴメンゴメン。うーん、暇なとき、は・・・そうだな、ブロ…

改まって書くにはちょっとタイミングが遅い気がするけれど、サッカー・アジアカップのオーストラリア戦は面白かったですね。予選リーグ突破やベスト○○が目標ではなく、優勝を争うような大会になると、やはり興奮度が違います。前回の中国大会は試合環境も含…