Movie

勇気ある追跡

ピザでも焼き上げるかのように軽々と、ほぼ年に一本のペースでコンスタントに映画を作り続けているコーエン兄弟。今年の新作『トゥルー・グリット』が全米でクリスマス公開。チャールズ・ポーティスの同名小説が原作で、一八八〇年代のアーカンソー州が舞台…

今野雄二さんが死んでしまった

信じられない…。【毎日jp】今野雄二さん自宅で自殺 http://bit.ly/9soIxs2010.08.03 2:10 webから TMVGでMIX-CDをリリースすることになり、常盤さんと相談して、今野さんに帯コピーをお願いした。一面識もない我々からのオファーを快諾して下さったのはと…

日本映画専門チャンネルで四ヶ月間にも亘る特集企画(現在、最終月)が組まれた岡本喜八監督の作品をほぼ連日見ています。 彼の映画は晩年の作品を数本と独立愚連隊シリーズくらいしかちゃんと見てなかったので、映画好きの人からは「何を今さら」と言われそ…

『ラブリー・ボーン』にガッカリした翌日、シアーシャ・ローナンの出世作『つぐない』を見ました。ああビックリ。なにこれ。めちゃくちゃ面白いじゃん! ユルい邦題、制作が『プライドと偏見』の監督&スタッフ、主役もキーラ・ナイトレイという三連コンボで…

みぞれ混じりの寒風吹きすさぶ中、平塚まで『ラブリー・ボーン』を見に行ってきました。公開から日も経ってないことですし、感想は・・・・・・畳みます(笑)。

映画の日。『イングロリアス・バスターズ』を見てきました。前作の『デス・プルーフ』は残念ながら劇場で見られなかったんだけど、それ以外の作品はぜんぶ大きいスクリーンで見ていることになる。そんな付き合い方をしている監督は、彼を含めておそらく片手…

カニエ・ウェストがスパイク・ジョンズとコラボレートしたショート・フィルム。iTMS経由で配信されたとの情報があるんだけど、詳細は不明。カニエ・ウェスト役は蟹江敬三さんが担当し、脂っぽい額に前髪を張り付かせての熱演を披露しています(ウソです)。 …

今日の天気とまさにピッタリな『秋日和』をBS2で。小津のカラー作品で唯一未見だった一本。戦後の小津作品を彩った並み居るスターたちがこれでもかと登場するキャストの豪華さといったら! 一流のソロイストだけを集めたビッグバンドかフルオーケストラか(…

ゴダール童貞は大学に入ってから慌てて切ったクチだし、結局ガキの頃に心からコーフンした映画はSWとかインディとかBTFとかターミネーターだったりするわけで、これは否めない事実であります。で、一昨日紹介したプリファブ・スプラウトの構想17年+8年ぶり…

モーリス・センダックの名作絵本「かいじゅうたちのいるところ」をスパイク・ジョーンズが映画化。まったく知らなかったので、サマーウォーズの上映前に流れた予告編にかなり色めき立ってしまいました。学級文庫の本棚から「かいじゅう」という言葉に惹かれ…

タツローの新曲「僕らの夏の夢」を5.1chサラウンドヴァージョンで聞きたくて「サマーウォーズ」を見に行ってきました。映画も面白かったですよ・・・って、ついでみたいに書くなッ!*1 *1:主役の声を担当している桜庭ななみクンは最近もっともお気に入りのアイ…

八月から全米公開される「ポニョ」の予告編。最大1080dpiのHD画質で見られるトレーラーがただごとじゃありません。上に貼ったスチルを見ても分かりますが、手前にいる生き物たちの実線の"鉛筆"感と背景の描き込みのギャップがたまんないです。スチルと高画質…

元・湘南爆走族の江口洋介がスクーターで路上にすっころんだ昨日。ようやく『The Road』のティーザーを見ることができました。 去年の秋に公開されるはずだった映画なのに、公式サイトもComing Soonのまま一向に更新されないし、スチルの類もほんのわずかし…

都内での打ち合わせ終わりで映画館に駆けつけ、スタトレ(http://www.startrekmovie.com/intl/jp/)をやっとこさっとこ見てきました。昨年末、トレッキー仲間の常盤さんや大久保浩一さんと今回の新作映画について話したときは「いっそ全米公開時にLAまで乗り…

テレビを付ければルーキーズ、ルーキーズ、ルーキーズ。なんだか自分が老人になって、バットでボコボコにされているような気分になってしまいます。 時計じかけのオレンジ [DVD]出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ発売日: 2008/09/10メディア: DVD購…

今日から六月。女学生が制服を薄着に衣替えしようとも、この方は年中おなじみの白シャツ第一ボタン留め。DAVIDLYNCH.COM Presents "INTERVIEW PROJECT"http://interviewproject.davidlynch.com/デヴィッド・リンチさん(63才)がハイビジョンカメラをひっさ…

映画版『ノルウェイの森』のキャスト発表。「直子」が菊地凛子・・・菊地凛子・・・菊地凛子・・・。平成の島田陽子・・・。別に菊地凛子自体がどうこうってことじゃなくて、イメージと全然違うよ、ってことなんだけど。あー、そうきたか!って盛り上がれる意外性も無い…

ちょうどデヴィ夫人が右翼の街宣車に植木鉢をぶつけていた頃、作家のJ・G・バラードが逝去。バラードといえばやはり「クラッシュ」に尽きます。倒錯したセックスと発達したテクノロジーが、交通事故を介添人にして悪夢的な婚姻を遂げるお話・・・って、バラード…

前回のエントリーへ反響を寄せてくださったすべての皆さんに感謝します。とはいえ、メッセージの仲介をささやかにお手伝いしたにすぎないぼくへではなく、より本質的な反響が紛争の犠牲になっている人たち・・・壁へおしつぶされそうになっている卵たちに届くこ…

年末にNHKでやってた「七瀬ふたたび」を見て、すっかりファンになった連佛美沙子クン目当てで、リメイク版「転校生」を見たんだけど・・・なにコレ! 大傑作じゃん! 舞台が尾道から長野に変わり、オリジナル版の原作や映画とは展開も結末も違うけど、原作者で…

昨日また「ポニョ」を見に行ってしまいました。三日と置かずに同じ映画を劇場で見るなんて、滅多にないことなので自分でもビックリです。見れば見るほど、論じるなんてしゃらくさくなるというか、六十七才の老人がこんなにも手を動かしてるんだから、オレも…

一週間ちょっとのご無沙汰でした。ブログの更新が滞ってたせいで、生存確認のようなメールが各所から届いてしまい、まとめてその言い訳をば・・・。 秋から始まる新しい仕事に関して(ひさしぶりに"TV"をやりますよ!)ここのところいくつか平行して準備を進め…

デジャビュ?さて、そんなことはさておき、今日は「崖の上のポニョ」でも見てこようかと思ってるんですが、映画といえば、こんな気になる作品が来月二日から公開されるようです。 フェアリーテールシアター http://www.ftt-mv.com/ロバート・アルトマン「ポ…

ほーーんとうに暑い日が続きますね。朝も八時とか九時くらいになると、その日のピークじゃないかと思うくらいの体感気温で、思わず皮膚を脱ぎ捨てたくなるほど。 こんな日に限って、トラブルも多く、別の汗もかくし。もうこうなったら風呂にでも入ってサッパ…

欲しい物はたくさんあるの、と云えば、矢野顕子さんの名曲「ひとつだけ」ですが、書きたいことがたくさんあるのは、最近のぼく。 先日、友人が主宰するインディレーベルから大量にCDを送っていただいたり、別の友人・・・というより人生の大先輩から新作アルバ…

昨日の夕方、最近、集中的に見まくっている成瀬巳喜男(と清水宏)作品の魅力について、麻布十番のジョナサンで海老フライを食べつつ、友人である映像ディレクターの磯野君に熱弁を奮った後、帰りの電車で読んでいた「成瀬巳喜男 演出術―役者が語る演技の現…

ワケもなく、ただ、ひさしぶりに見たくなった「スターシップ・トゥルーパーズ」をDVD棚の奥の奥から引っ張り出し、ホコリを払ってプレイヤーにスロットイン。BraviaのCMの永ちゃんみたいな百面相をしながら、ビール片手に鑑賞しました。公開からもう10年以上…

P.T.A.は映画の撮影に入る前、キャストやスタッフを集め、彼のイメージを簡潔に伝えるために、インスパイアされた作品や参考にしたい映像を見せるプライベートな上映会を開くことが知られています。今回の作品に際して、どんな映画を見せたのか大いに興味が…

水曜日、二件の約束の合間にちょうど時間があったので、映画を見てきました。 ポール・トーマス・アンダーソンの新作「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」@シネアミューズCQ。 お気に入りの監督が撮った作品なら、なんの留保もなく、アタマから「せーの」で浸…

夏が近づくと云うことは、つまり玄関でのファースト・チョイスがスニーカーからサンダルに変わるということだ。三年前にgreen label relaxingで一目惚れして以来、愛用しているBIRKENSTOCKのCancunとは、内門さんとの取材旅行でロスやラスヴェガスにも行った…