四月がこんなに淋しいのは「なるトモ!」の東京放送が終わったせいなのだ。サバンナの「パートいかへん?」も四月からレギュラーコーナーに昇格して、毎週放送されるらしいって言うじゃん。「なるトモ!」は自宅で仕事しながらテレビをつけてる非主婦のぼくが、もっとも楽しみに見てた番組なのにさあ。それをあっさり打ち切るなんて・・・ヒドスギル。*1

ワンセグ、地デジ、ロケーションフリー、番組配信などなど、電波塔にとらわれないテレビ放送が可能になった今、地方ローカルの番組を在京キー局がオンエアする意義は今以上にこれから増すはずだし、ただでさえ午前中なんて内容も出演者も横並びのしょうもない番組ばかりなのに、こんな中途半端に打ち切ってどうするといいたいね、ぼくは。バラエティはどっちみち吉本に依存してるわけだし、新東京タワーなんて建てるんだったら、通天閣を大改造して新大阪タワーにし、いっそ日本全国をカバーして頂きたい!
そんなわけで、サバンナの初DVD「ハイエナ」を近所のレンタル店で発見。涙を拭きつつ、今から見ることにします。*2

PS、昨年末に関西地区で放送された「オールザッツ漫才」をDVDに焼いて、ぼくにプレゼントしてくれる方を募集中。心優しい(奇特な)お笑い好きはAMWWWのメールフォームで御連絡ください。どうぞよしなに。

*1:なるトモ!」の代わりに枠を移した「ラジかるっ」は移行前にはよく見てたけど、内容を変えなさすぎじゃない? 嶋大輔がキャバ嬢と同伴出勤するコーナーなんて午前中から見たくないよ!

*2:サバンナ八木って高樹そっくり。高橋は歌声がベンジーそっくり。