焦げました。

dateo2006-06-13

なんせ<二敗一分>と予想していたぼくなので、この結果は驚く事じゃありません。
しかし予想は予想として、さすがにあの試合内容は腹立つよなァ。久保が松井が田中達也が阿部が・・・いや、少なくとも小笠原や遠藤がピッチに立ってくれてたら・・・。こういう大勝負の時って、試合で成長する「のびしろ」を持った選手が効いてくるはずなんだけど、そういう選手をジーコって使わないんだよね。
練習はおろか、先発メンバーやシステムを全面的に発表することが彼の美学ならそれで構わないんだよ。勝てば官軍だから。センターバックのバックアッパーが追加招集した茂庭しかいないこと・・・選手の選抜や起用は監督の特権なのだから、あれこれ文句を言う筋合いはない。これも試合に勝ちさえすればいいし、先発メンバーのコンディションが絶好調なら問題ないんだから。
だけど、ピッチ上の選手に対してだけでなく、観客を鼓舞し、一体感をもたらすような選手起用ができないのは、彼にその才能がないからだと断言できますよ。元々ジーコってチームの中で一匹狼だったみたい*1なので、そういう素質が元々無いのかもしれない。他人の心の機微に敏感なことと天才として生きることってのは相容れない気がするしね。
こういう部分はDJもおなじで、選曲ってのは意外性も大事だし、独自性も大事だから、こうしなきゃいけないっていう決まりはない。だけど、プロならやっぱり繋ぎは大事。繋ぎってのは技術が3割。あとは流れを読んだり、フロアの盛り上がりをキャッチする感受性の部分が7割。
つーことで、昨日の選手起用はどっちも0点! もちろんゴール前でファイトしないフォワードなんて0点以下だけどね!
まま、巷でも小野だ高原だ川淵だと戦犯探しが始まってるわけですが、ボクの結論はズバリ「NHKが採用しているあのテーマ曲が全部悪い!」ってことでファイナルミズモト。

んでもって今のところ、イタリア、イングランド、オランダ、チェコあたりの伝統国が実力を発揮しているのは南流石。結果と内容が伴ってるのもお見事。今後、アジアやアフリカ勢がいかに巻き返せるかで、南アフリカ大会の枠取りが左右するわけだからね。韓国やイランも応援しなくちゃなりません。
そして今日はついにフランスとブラジルが出陣。どれくらい暴れてくれるのか楽しみですね。ブラジルはともかく、フランスはかなり心配です。

えーっと、いつも大事なことが最後になる気がしますけど、7月25日発売の単行本について。徐々に外堀が埋まってきました*2。書名や定価など詳細も近々発表できると思いますので、しばしお待ちください! 昨日の坪井よろしく足が攣ってる*3状態なんですが、控えの選手がいないので自分で書くしかありません*4。がんばるどー。

*1:平たく言えば孤立してた。

*2:ただし、お城は完成してません。

*3:キーを叩く手が攣ってる。

*4:中田ヒデ言うところの「あとは気持ちの問題」。