昨日は都内某所のスタジオにて、作業日。アルバム作業も大詰め。サウンド・トリートメント、歌の録り直しなどをエンジニアのミノさんと進めながら、ソロアルバムとは別のプロジェクト用で、みなさんもよくご存知の某大物ラッパーをゲストに迎えて、録音作業もこなしました。さすがに大物ラッパーだけあって、約9分間にも及ぶフリースタイルを、挨拶もそこそこに一発で決め、風のように去っていった。いやぁ、ホント凄かったですよ。笑い死にするかと思った。このプロジェクトに関する詳細は後日発表しますが、ある意味、相当期待してもらっていいと思うな。で、写真は歌を録ってるボクです。レコーディングの模様は初公開ですね。ホントにやってるんですよ!*1

そして今日は夕方から下北でエンジェルス・エッグの飯島さんと諸々の打ち合わせ。シングルは11月前半に店頭へ並ぶ感じで、アルバムはちょっと延びて、11月29日です。お店によっては素晴らしい特典も付きます*2
飯島さんはすっきりした坊主頭にヒゲで、ボクの私感ではちょっとジダン入ってるんだけど*3、近々、GINA&CHRISのツアーに同行して、西日本ツアーに行くらしいんだ。これがもういかにも旅慣れた外国人ミュージシャンって感じの、聞いてるだけで押入に籠もりたくなる壮絶なスケジュール。大阪→姫路→岡山→尾道→高知→福岡→名古屋→浜松を一日も移動日無しで廻るなんて、並じゃない(笑)。特に尾道→高知→福岡の三日間は凄いよ。ツアーが終わった頃には飯島さんもスッキリ痩せて、ホントにジダンみたいになるかも。飯島さん、元サッカー少年だし。まあ、ボクも今度のトークショーツアー(京都→西宮→岡山)くらいでブーブー言ってちゃダメだな。反省しました。
その後「日経エンターテイメント」の対談取材を受けてきました。相方は放送作家の大野ケイスケ氏。テーマは「就職」。修飾でも秋色でもなくて、就職ですよ、みなさん。ショップ33やマニュエラでの仕事を、果たしてまともな職歴と呼べるのか疑わしいボクと、生まれてこの方、会社組織には一回も所属したことがない大野君が語り倒した新しい就職の形とはなんぞや。掲載日などは聞いてないので、分かったらお知らせします。

あ、最近の愛聴盤はケリスの新譜「KELIS WAS HERE」です。もしかしたら今年のナンバーワンアルバム決定かも。*4
では、みなさん、週末の台風にはくれぐれも気をつけてね。なんせ「台風13号」ですから。

*1:ボクの足の間に置いてあるのはパワーブック。WORDで打った歌詞カードを見てます。でもWORDの裏で普通にSafariが立ち上がってたりします。

*2:これから作るんだけど、素晴らしいかどうかはわからないけど、みんなに喜んでもらえるよう頑張ります。

*3:怒ったら頭突きするって意味じゃないよ! 顔の掘りが深くて、瞳がつぶら

*4:PAM「Journalized」は除く。