最近あまり夢らしい夢を見てないなあと思った矢先に、今朝はいかにも夢診断向きの夢を見ました。
場所は実家。僕は手洗いから出てくる。正面にはおばあちゃんの部屋。昨年亡くなったはずのおばあちゃんがこたつに入って、テレビを見てる。んで、こたつの上には小さな犬。両手で包むとすっぽり入りそうなくらいの小さな白い子犬。で、子犬は僕のことをじーっと見ている。実家じゃ犬は飼ってない。僕はその子犬を見つめ返し、どこから来たんだろうと考えている。
なにか付け足しがあったような気がするんだけど、覚えてるのはここまで。で、起きた後、この夢のことをメモしなきゃ!って何度も思ったんだけど、メモする前に二度寝しました。
いつかこの夢の意味に突き当たる時が来るのかね。ばあちゃん、教えてちょうだいよ。
あ、そうだ。ようやっと「息子の部屋」を見ました。喪失と回復の物語。編集がゴツゴツとしていて、小説的。しみじみと良い映画でした。お勧めです。

P.S. トップ画像をクリスマス仕様にしました。