今朝方おこなわれたクラシコFCバルセロナ対レアル・マドリ)のテレビ観戦で精も根も尽き果て、眠りについたのが朝九時。しかし今日は我が町まで、遠く東久留米の地よりミュージシャン&LOVE SHOP RECORD主宰の前園直樹くんが午後イチで来訪&密会(前園くんはAV嬢ではありません!)。
江ノ電鵠沼駅小田急江ノ島線鵠沼海岸駅を取り違えるというプチトラブル(そういう方、年に二、三人いらっしゃいます)はあれど、目当ての激美味寿司にはランチタイム滑り込みセーフ。
その後、駅前のカフェにて諸々のご相談。彼からは和物レコード蒐集奇譚〜そして今、一部でホットな和ジャズとその周辺事情など、いろいろ教授いただく。いやあ為になりました。そしてお互いのリリース物などを交換したり、在庫を宅配してもらったりと、夕方まで充実した時間を過ごしましたよ。
前園くんを駅まで送り、ウチに帰って、パスタを作って食べたら、少し熱が出た。知恵熱? それとも??

<写真>彼がアーティストネーム"ZONY"名義でリリースしたミニアルバム「LOVE SHOP BGM 1」。カラフルなようでモノトーンのような色盲音像。庭師ZONYが隅々まで完璧に手を入れた庭園を、彼の愛猫(三匹)が縦横無尽に遊んでるようでもあり。垣根の間から勝手にそんな光景を眺めてるような気分になりましたよ。こないだオススメしたハイラマズの新譜のウラ・・・というか、オモテの反対・・・・というか、賛成の反対の反対? ということで「Journalized」の兄弟盤に認定させていただきます!*1

*1:そういえば、デヴィッド・リンチの新作映画『インランド・エンパイア』は、リンチがナニかを思いついた時にその部分のシナリオだけを書き、俳優を呼んでビデオを撮るという方法で約4年に渡って撮影。その素材を元にしたポスト・プロダクションを経て、一本の映画として完成させたそうです。制作期間四年という符号だけで、勝手にシンパシーを強めた次第。こういう話を聞くと「間違ってなかったなー」って思う。そういえば処女作の「イレイサーヘッド」も同じように、予算が続く限り撮影し、金が無くなるとバイト。金が貯まったら撮影再開・・・という方法で完成させたんだよね。まるでコドモが秘密基地を作るみたいな案配だ。この辺の事情は最近DVD化された『ミッドナイト・ムービー』というドキュメント映画に詳しいです。