15時から打合せだったのにすっかり二度寝し、A社の編集T嬢を1時間も待たせてしまった。
まったくお詫びのしようもありませんといった表情を完璧に作ろうと、小倉一郎の顔マネをしながら待ち合わせ先のカフェに自転車で急ぐ。そして小倉一郎のまま、自転車を止めて、小倉一郎のままで入店し、小倉一郎のボクが遅刻を詫びる。
「あ〜、ホ、ホントにスイマセン、えーっと、通信教育で習っている空手の型を復習していたら遅くなってしまいました!」
と、小倉一郎が本当に昔、通信教育で空手を習っていたというトリビアを交えたことで、リアルさは200%アップ。
「いえいえ、いいんです。私も15分ほど遅れちゃったんです」
と、編集T嬢。
内心「ナニぃ、じゃあ俺が時間通りに着いてたら、逆に15分待たされるところだったのか! 空手チョップで成敗してやる!」と思ったけど、ボクは小倉一郎ではないから、右手で作った手刀は見られないようにする。
ちょっと離れた席のおばさん二人が「ねえ、奥さん、あそこの席に座ったの」「ああ、あの、俳優の」「最近、結婚した」とかなんとか会話してるのが耳に入る。慌てて一郎からアキラへと顔を戻す。おばさんの方をチラっと見たら、すっかり小倉一郎のことなんか忘れて、ロデオボーイの後継機である「エアロビガール」の話に夢中。

しかし、ホッとしたのもつかの間、なんとズボンのチャックが全開じゃないか。顔をふたたび一郎に戻して、T嬢の注意を引き、未婚のレディーである彼女に気づかれないよう、光速でジップアップ。これはサッカーのPKん時、キッカーがよくやる顔のフェイントの応用。その後、半日以上が経過した今に至るまで、彼女からチャックに関する指摘が一切無いところを見ると、どうやら成功した様子。

さて、遅刻はしたけれど起き抜けということで(二度寝だけど)、食事をしっかり兼ねさせてもらう。もちろんBLTサンドとアイスコーヒーのセット。あ、申し遅れてしまったけれど、ボクはここのBLTサンドが大好物なんだ。なにせ、挟んであるベーコンがとことん分厚くてね、おまけにジューシーでコンガリとローストしてあって、これを食べるたびに仙台のナンバーワン牛タンレストラン「真助」で食べた、最高に美味い牛タンを思い出しちゃうのだ。そういえば、こないだの青森イベントで出会った仙台在住のヤングリーマン。出張でたまたま青森市に来て、クラブ情報を調べてみたら、たまたまボクが回してたんで慌てて駆けつけちゃいました!なんて嬉しかったな。オーガナイザーとしてボクを仙台に呼びたいなんて言ってくれたけど、あの後、なんの連絡もないなあ・・・。


てなことをついつい考えちゃってたもので、編集T嬢が鼻のあたまに汗を掻きつつ、いっしょうけんめい話してくれた現況報告は完璧にうわの空。まあ、サンドイッチとアイスコーヒーがしっかり胃の中に収まったあとは、明朗快活に打合せをこなしたけどね。
まま、そんなところで日記のタイトルをもう一度読みかえしてほしいな。
二度寝は最高。だけど、遅刻するほど寝ちゃダメ。謝るときは小倉一郎、チャックが開いてるときは顔フェイント、BLTサンドのベーコンは厚切り、牛タンは真助、打合せは快活に。すべてのトラブルが同時に起きたときは画像のような表情で。
エー、以上です。