空腹に耐えきれなくて、大雨の中、スーパーまで買い出しに出かけたら、足もとを中心にビショビショ。帰宅後、とりいそぎ昼ごはんを作って食べ終わったら日が差してきた。なに、このモヤモヤした気分。
さて、ここ数日で気になったコトを備忘録的にクリッピング
その1、チェルシーの監督、ホセ・モウリーニョWWEのリングに登場?
http://www.wwe.com/shows/raw/archive/04232007/articles/josemourinho
http://www.youtube.com/watch?v=hkgKmBU3G6o
その2、カート・コバーンのアクションフィギュア発売。
http://www.necaonline.com/product/detail/43231
その3、欽ちゃん、20年ぶりに気仙沼ちゃんと再会。
http://www.tv-asahi.co.jp/tabinokaori/
その4、「ジ・オフィシャル・クレージーキャッツ・グラフィティ」緊急復刻。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309907338

まずモウリーニョなんだけど、彼がWWEのファンだったなんて知らなかった。というか、彼のトリックスター然とした立ち居振る舞いのすべてに合点がいった(笑)。実際、これで彼を見直した人も多いんじゃないかなあ。ボクも大舞台になると、脳内で勝手に入場曲(ストーンコールドのテーマ)を鳴らすタイプなので。ちなみにYouTubeでリンクした映像は、ちょうど今週放送中(J-Sports)の「RAW」で見ることができます。
そして、誕生日が近づくこの時期には、誰かにねだりたいモノを無意識で探している自分に気づくんですけど、現時点ではこれがトップ。写真のタイプは「スメルズ・ライク・ア・ティーンエイジ・スピリット」のPVヴァージョンで、他にMTVアンプラグド出演時のヴァージョンも出るそうです。最近ミュージシャン物のフィギュアもボン・ジョヴィとか、クイーン、ジミー・ペイジ(マーシャル付き!)、ジョン・レノンの「ニューヨーク・シティ」仕様とか出てて、おおいに物欲を刺激してくれます。日本人のミュージシャン物も、ベアブリックとかじゃなくて、こういうガッツリしたアクションフィギュアで出ないかなあ。たとえば渋谷系シリーズ。フリッパーズ・ギターなら「恋とマシンガン」のPV仕様と「ヘッド博士」ジャケット仕様の2タイプ、ピチカートなんて30種類くらい出ちゃいそう。電気グルーヴなら全裸をベースに、オプションで「電柱」とか「ポスト」とか「墓石」とか付くわけ。リアルに売れそう。
気仙沼ちゃんネタはどんな人たちと共有できるネタかわかんないですが、ボクは見ます。それにしても、個人の愛称が「気仙沼ちゃん」ってスゴイよね。さしづめボクなら「松山さん」か。
最後は幻のクレージー本の復刻情報。普通に本屋で売られてた頃(1992年)は買うほどの興味がなく、欲しくなった頃には余裕の1万越え。植木さんが亡くなったことは悲しいけれど、この復刻は素直に嬉しいです。