いよいよ明日は静岡RED ROCKでトークイベント。単なる飲み会にならないための予防線として(油断したらゼッタイそうなる!)、映像の仕込みをやっています。なにげに時間がかかっちゃって大変(苦笑)。
いろいろ思案した結果、今回は「ロック・ザ・ルーツ」編ということで、98年11月の第一回から99年10月の最終回まで、おいしい場面をダイジェストで見てもらいながら、あーだこーだお話ししたいと思います。今となっては信じられないような衝撃映像もありますので、乞うご期待。*1
しかし、こういう地道な作業をしていると、つくづく思うことがあります。
YouTube的な技術は今後ますます発展していくわけですよね。そうなると、史上たったひとりの人間が最良の状態で映像や音を保存し、誰とでも共有可能な環境にデータ化しておいてくれれば、わざわざメディアに複製したり、商品化しなくたって、自然に分散し、バックアップされ、半永久的に保存されていくんですよね。*2
テレビやラジオ番組なんて本来は一回こっきりの「消えモノ」なわけで、放送局側にアーカイブの完全解放を求められないなら、さっさと黙認してくれればイイと思ってます。あえてYouTubeなどは画質の向上を求めないで、(今後普及していくだろう)ブルーレイのような高い画質の映像技術と一線を画しておけばいい。
そのうえで非商用、かつ低いビットレートでの変換〜再配信なら著作権料はフリー、みたいな発想だってアリじゃないかな。*3

有益なアーカイブっつうのは、単に膨大なデータをストックしたり、漫然と放流することが大事なんじゃなくて、センス良く活用されることこそ大事MAN。優れた才能を育てるために、AKAIのS950やSP-1200がヒップホッパーたちのメイン機材だった頃のコンセンサスに戻しま専科?

では、静岡市近郊の皆さん。仕事や学校終わりでぜひとも駆けつけてくださいねー。待ってます!

*1:実は今、サニーデイ特集(ドラムの丸山晴茂君をみんなでイジリ倒す「午後は○○、おもいっきりハルシゲ」の回)を見直してゲラゲラ笑ってたんだけど、なんということか、このタイミングで曽我部くんから電話がかかってきた(笑)。げにおそろしきは「必然性のある偶然」。

*2:もうすでに海賊盤ビジネスはジリ貧といってもいいんではないでしょーか。なんせ市販の商品がこんだけ違法コピーされてるんだから、業者より市井の人たちの方がよっぽど怖ろしいよ。

*3:言うまでもなく、あらゆるクリエイターの利益や権利は適度に保全しつつ。