キダ・タローさんの頭の上に乗っているのは熊。小熊っていう説もあったんですが、おじいさんの熊だそうです」(関根勤

ボクはてっきり着替えを風呂敷に詰めて、頭に乗っけてるんだと思ってたんですが勘違いだったみたいです。
さて、今日は不穏な天気の午前中に目を覚まし、朝風呂に入りつつ読書。ヴォネガットタイタンの妖女」読了。彼が亡くなって以来、読んでなかった長編作品をしらみつぶしに読んでる。残るは「スラップスティック」と「ホーカス・ボーカス」の二冊。作品によって好みはあるけど、どれも甲乙付けがたいくらい面白いし、こういう本はもっと若い頃に読んでおきたかったという思いも当然ある。ただ、高校生くらいの自分が判ったような顔で読み飛ばし、イイ気になってるところを想像するとイライラするので、とっといてよかった。
「こういう音楽は若いときに聴かなきゃダメ」とか「オトナにこの手の芸術は理解できない」のような意見や考え方って本当にナンセンスじゃないか、とボクは常々思ってるんですけどね。
恋愛と同様に良い出逢い方や悪い出逢い方はあっても、遅いとか早いとか、恋愛と違って出会うタイミングは関係ない。食事が人の生きかたに及ぼす影響とおなじく、アゴが外れるほど美味しい離乳食を食べた子どもだけが幸せになるわけじゃない。自宅の裏山の土を唯一の食料としているお婆さんのニュースをどこかで見たけど(事の真偽はともかく)、今これが一番食べたいと思えるモノを、口に運べる幸せって何事にも代え難いんじゃないかと。
と、いうことで今日のボクは昨日頑張ったご褒美として、できるだけ美味しい食事を自分に与えることにしました。
まず昼ごはん。買い置きして新聞紙にくるんでおいたエリンギをオリーブオイルでソテーし、茹であがったパスタをフライパンにあけてバターをからませる。茹で汁をすこし足して、オイルが乳化するようにまぜまぜ。そして生ハムをトッピング。黒コショウもタップリと。*1
それを食べながらテレ東「ハロモニ@」をボンヤリ見。*2
ちょっぴり日差しも差してきた午後は、タツローさんのラジオを聞きながら二度寝
夕方近くに起き、近所にある創作料理の店へ。炭火焼きの伊達地鶏と野菜のグリル、新かつおの叩きなどを肴に生ビール×2杯。エンドウ豆とか空豆が美味しくなってくると夏だなあって思う。
ほろ酔いで帰宅して、昨日の寝しなに予約していたリーガ・エスパニョーラ中継を録画観戦。価値に等しい引き分けのレアル・マドリー。負けに等しい引き分けのバルサ。物凄く面白い試合だっただけに、結果だけが歯がゆい。そしてもしバルサが次週の最終節で逆転優勝しても、素直に喜べそうにないのが一番悔しい。
ひきつづいて全仏オープンナダルフェデラーフェデラーは試合前の表情からして、勝てる気配は全然なかった。試合する前から負けることを考えてるヤツは猪木さんにビンタされてしまえばいい。
さて、ブログも書けたし、小腹が空いたから夜食にしようかな。さっき帰りにスーパーで買ってきた鉄火巻を熱々の加賀棒茶と共にいただきます。
え? これは着替えを風呂敷に詰めて、お腹に巻いてるだけですよ。

*1:これ、小西康陽さんが某所で紹介していたレシピをアレンジしたものです。あっという間に出来て美味しい。今の季節ならナスとかスナップエンドウとかを加えると、栄養のバランスも取れるしベターかも。お試しあれ。

*2:ミキティがいなくなって、心なしかのびのびしているメンバーが多い(おもに六期メン)。でもスタジオでやってたときより番組はずいぶん面白くなったよーな。