こんな時間に更新しているのは他でもありません。
サッカーに詳しい方ならごぞんじでしょうが、今朝方スペインサッカー(リーガ・エスパニョーラ)の最終戦が行われ、優勝のかかった大一番が実に三試合もあり(大三番)、その行く末をリアルタイムでテレビ観戦していたせいで、今の今まで起きっぱなしであります。
そしてその結果は・・・(ここから結果バレです)。

自力優勝の目が前節で消滅したわがバルサ。最下位のヒムナスティック相手にアウェイで大量5点を取って勝利したものの、勝てばそのまま自動的に優勝だったレアル・マドリが、粘るマジョルカを突き離して勝利。四年ぶりの栄冠を獲得しました。
前半早々に先制点を入れて、流れを作っていたマジョルカに対し、攻守共に平常心を失っていたマドリ。付けいる隙は充分あったのに、決めきれないマジョルカ。そして後半、ベッカムとファンニステローイがケガで引っ込んだときに悪い予感がしました。予感はズバリ的中。交代したばかりのレジェスが2ゴールを決めて、万事休す。バケモノアゴ軍曹(カペッロ)の采配がハマって、マドリが一気に試合を決めてしまいました。
終了のホイッスルが鳴ったと同時に始まった、超ゴージャスなセレブレーション(=オリンピックの開会式並)を見てたら、おもわずテレビをベランダから投げそうになったので(レッド・ツェッペリン!)ただちにスイッチを切ったんですけど、こうしてブログを書いてるだけでふつふつと怒りがこみ上げてきます・・・。*1
つーかさあ。
日本のプロ野球なんかでも「巨人が弱いとプロ野球が面白くない!」なんて、巨人ファン以外の人間が評論家きどりで言ったり書いたりしてるけど、ボクに言わせりゃそんなの嘘っぱちだ!
ファンは自分が心の底から応援するチームだったら、10連覇しようが100連覇しようが、毎年毎年優勝して欲しいはずだし、試合には全勝して欲しいと思うのが当たり前。「巨人が弱いと〜」だの「レアル・マドリが強くないと〜」なんて変なバランス感覚はもっと他のところ・・・自分の人生に関わるようなもっと深い部分でこそ発揮すべき。自分がひいきにしているチームや選手を応援するなら、とことん狂信的になった方がイイ!*2

さあ〜、どうしたって眠れそうにないので、ちょうど目の前におっこちてた「ダイハード」のDVDでも見ることにするよ。やっちまえ、マクレーン!*3

*1:マドリの本拠地サンチャゴ・ベルナベウにはベックスの嫁ビクトリア、ベックスの親友トム・クルーズ&彼女(婚約者のケイティ・ホームズとは明らかに別人。誰?)、こないだ全仏テニスで優勝したナダルなどセレブが多数来てました。そういうバブリーな雰囲気にもムカつくんだよなあ!

*2:たかがスポーツ、されどスポーツ。たかされ、たかされ。

*3:PS、先に言っておくけど、今日はメールの返事も遅くなるし、電話のコールバックも期待しないでね>仕事仲間&友人諸氏。