先週末から昨日まで、怒濤の日々を振り返ってみる。長いよ。


2007年7月14日(土)
予約していた便は14時05分発。天気図をしばらく睨んでみたけれど、強風圏内を示す円が松山のほほを撫でている。寝ることを諦め、搭乗便を朝イチに変更。午前5時、着替えの入ったバッグ、結婚式で着るスーツなど一式、もちろんレコードバッグも忘れずに持って家を出る。
羽田はいつもより騒々しかったけれど、松山行きの出発カウンターは平穏そのもの。午前7時15分に定刻通りの出発。厚い雲が視界いっぱいを塞ぎつつも、フライトは快適。八時半には実家の居間でゴロゴロしてました。ただし昼過ぎからは徐々に台風らしい悪天候になり、父母と共に昼飯を食べるため外出した頃は、傘が壊れそうな風雨。もちろん14時05分の松山行きは欠航。

同日夜9時、松山の若き友人たちに誘われ、夜の街へ。三番町のバー「藤村」。佐賀出身のがばいママさんが手作りしてくれた料理の数々に舌鼓を連打しつつ、ビール&ビール&ビール&烏龍茶。ママが40才の時に産んだ息子さん(12才)のイケすかない同級生話(アイスクリームはハーゲンダッツ指定、バーに遊びに来るなり「お金は払いますから、あと二時間ほどカラオケを使っても良いですか?」と、のたまう・・etc.)や、前日に松山市内のどまんなかで発生した暴力団による拉致事件のディティール(強烈すぎて書けません)など、しゃべり好きの俺もさすがに聴く一方。午前4時、終了。何時間起きてるんだ、俺は!


2007年7月15日(日)
昼ごろ起床。寝室にあてがわれてるのは二年前に亡くなった祖母の部屋。ニオイが祖母が生きていた頃のままなので、かなりせつなくなる。しかも翌16日が命日。なんという偶然。亡くなる時も、俺が病室に到着したちょうど一時間後に逝ったんだけど、こりゃもう呼んでるとしか思えないな。

夕方、常宿の「チェックイン松山」に入る。朝方イベントを終えるのが午前4時ごろ。軽くお腹を満たしたりしてると夜は明ける。友だちの結婚式は朝11時からだったので、家に戻るのは面倒くさい。迷わず今回も予約しておいたのだ。
23時頃、オーガナイザーである兵藤くんから電話。ロビーに迎えに来てもらうと、すでに彼の呂律が怪しい。今日のパーティは彼の洋服屋「IRIE」が移転リニューアルすることを祝うのが趣旨だったので、オープンするやいなやテキーラ攻撃が始まったとのこと。そんな彼とボク、松山DJ界の重鎮Jah Masterさんと一緒に二番町の「Uneri Cafe」。赤ワイン+生ハム+チーズをオーダーし、ゆったりと腰を落ち着けた途端「ス、すいません、ミズモロさん! あと10分で出番レシタ!」と、兵藤くん。マジかよ!
急いでCLUB BIBROSへ。場内はビックリするほどの集客&盛り上がり。レゲエDJのMILK-Tがアゲにアゲている。俺も負けてられない。酸欠で倒れそうになるほど盛り上げた結果、フロアがどうなったかは写真参照。


2007年7月16日(月)
朝八時、胃が痛くて目が覚める。ここ数日の睡眠時間や暴飲暴食を考えれば当たり前だ。とりあえず大浴場へ向かう。謳ってるほど「大浴場」感はないけど、最上階にあるので、松山城松山市街を見渡せて気持ちいい。おまけに入浴客は俺だけ。トーゼン泳ぐ。

スーツに着替えて、全日空ホテルのチャペルへ。新郎の吉良君とは高2〜3の同級生。彼はバリバリの体育会系で、バスケット部。俺は陸上部の幽霊部員で放課後はバンドに勤しんでいたから、親友と呼べるほどの付き合いは正直いって無かった。三年くらい前の同窓会で再会。今年に入って、彼が「Journalized」を購入して、感想のメールを送ってくれた辺りから交流が深まり、披露宴の音楽を選曲することになったのだ。
チャペル入り口で他の友人たちと合流。中には20年振りくらいに会った友だちもいたし、小学校一年生の頃からの友人が二人もいる。こうして懐かしい顔が集うと、自然にノリが戻るのは本当に面白いことだよね。披露宴の最中、俺が選んだ音楽にみんながいちいち反応してくれるのも嬉しかった。そうなればいいな、と思って選んだ曲ばかりだったから。とにもかくにも、新郎新婦の未来に幸あれ!

さて披露宴終了後、親友ニシウチのリクエストで、若かりし頃に何度となく通った激安ラーメン屋「チャーリー」へ行くこととなった。
彼とはそれこそ小学一年生からちょうど三十年の付き合い。俺の影響でプロレスファンになり、関西の大学を中退後、レスラーになるという夢を叶えるべく上京。高田がUWF時代に通っていた大橋ジムやアニマル浜口ジムに通っていた。そんな彼がレスラー修行しつつ、食費も浮くからという理由で選んだのが吉野家のバイト。結局、レスラーではなく吉野家の店長に上り詰めてしまったのだが、数年前になんと某老舗プロレス団体の営業に転職。もともと体格が良かった彼、なんと今ではレスラーを含めた全社員の中で三番目に体重が重いらしい(笑)。
実際、披露宴の食事でおなかいっぱいになってたけど、ほかならぬニシウチの頼み。頑張って食べました。。ひさしぶりに喰ったラーメンは記憶の中の味と微妙に違っていたけど、作ってくれたおばちゃんが「昔より美味しくなったろう?」と自信満々だったので、良しとしよう。
二次会へ向かうニシウチと別れ、ラフォーレ原宿松山店に向かう。兵藤くんの店「IRIE」はここの三階に入っているのだけれど、建物の耐震性に問題があることが発覚(震度五で倒壊の恐れが)。来年一月にラフォーレは閉館することが決定している。事が事だけに、ほとんどのテナントはこの夏に引き払ってしまうらしい。ラフォーレは俺にとっても甘酸っぱい想いでの場所だし、最後に一度見ておきたかったのだ。*1
大街道というメインストリートの入り口にあって、ランドマークとしての機能も高かったところだし、ここが消滅してしまえば、人の流れにも大きな影響があることだろう。郊外へ買い物客の足が完全に向かわないよう、早急になんとかして欲しいと思う。
兵藤くんと新IRIEの内装を手がけている二宮くんと短いお茶をして、慌ただしく実家に戻る。腰を落ち着ける間もなく父親の車で空港へ。空港到着直前に激しい雨。近くの建物に落雷するのが見える。結局そのせいで到着機が遅れ、三十分ほど空港に足止め。
なんとか出発した飛行機もかなり揺れた。深夜に自宅へ到着する頃には事切れる寸前。録画していた日本対ベトナムを見ておきたいので頑張ったけれど、ハーフタイムで寝てしまった。


2007年7月17日(火)
朝七時起床。ここ何年間で一番の熟睡だったかも。起き抜けにベトナム戦の続きと、同じく録画していたコパ・アメリカの決勝戦を見る。ブラジルはアルゼンチンには強いけど、メキシコには弱い。そしてアルゼンチンはメキシコには強い。じゃんけんのような関係なり。次戦の相手に決まったオーストラリアがパー(=日本代表)に対するチョキにならないよう、きっちり叩いておかなきゃならない。
さて、二回目のWEEKENDERSにお招きするゲストの方と打合せが入ってたので、昼前に出かける。雨も降ってるし、かなり肌寒い。ノースフェイスのサマーフリースを着ていく。暑くなったら脱ぐつもりが、結局一日中着ていた。
約束まで時間の余裕があったので、新宿まで行って、野村ビルの「ハシヤ」でタラコとウニといかのスパゲティーを食べる(少し味が落ちたかも)。で、西口の電気屋をブラついた後、恵比寿の事務所へ向かう。
ゲストの方とはなんだかんだ約一年ぶりにお会いする。多少緊張しながら、ダメモトで示したプランにオッケーが出て、次回も物凄い内容になりそうだ。早く発表したい!

終了後、雨の恵比寿から渋谷へ移動し、今度はG.RINAさんと落ち合う。彼女が最近DJ SENORINA名義でリリースしたミックスCD「Jazzz Time Vol.2」に、PAMの「AFTER THE RAIN」が収録されていて、現物を頂くついでにお茶。*2
直接会うのは昨年のSALOON以来だったかなあ。とにかくひさしぶり。彼女はここのところ、サードアルバムの制作にいそしんでる。完成が待ち遠しい。とことん俗っぽい話題からハイブロウな話題まで遠慮なく話してたら、エネルギー使いすぎてヘトヘト。帰宅後はまたしても失寝(しっしん)・・・。


2007年7月18日(水)
午前10時頃、起床。すっかり早寝早起き。雨は止んでいるけど、なんだよ、この肌寒さは。午後、資料を借りるために自転車で図書館へ。

腹が減ったので藤沢駅南口の「とんこ」へ。老夫婦がふたりで切り盛りする老舗のトンカツ屋さん。いつ行っても厨房内のステンレスは隅々までピッカピカ。

ランチのトンカツ定食は840円なり。付け合わせのキャベツは特製ドレッシングにちょっぴりお醤油を垂らすと美味。

奥田センター飲食街という実に昭和臭の高い場所にあります。みなさんもぜひ一度お出かけください。

・・・以上、ご静読ありがとうございました。

*1:2001年にはTMVGのリリースツアーで凱旋し、常盤さんがラフォーレミュージアムで個展を開催。ちょうどバレンタインデイだったので、CDのタイトルである「JET BOY JET GIRL」をテーマに全館一斉キャンペーンが張られたことも。

*2:CDの詳細はAEのブログを参照。「AFTER〜」はオリジナルと特別に作ったビートレス・ヴァージョンが一粒で二度美味しい感じで使われてます。ちなみにAEのサイトでは「AFTER〜」の7inchが特別価格で販売中。リナさんのミックスCDとあわせて、ぜひお買い求めください〜!