あ、もしもし、俺です、ミズモトですよ。ひさしぶりだね。ゲンキしてた? あ、そう。ん? あー、まあ、こっちはボチボチかな。最近はもっぱらウチで仕事してるから、なかなかそっちにも行けなくてさぁ。ゴメンゴメン。うーん、暇なとき、は・・・そうだな、ブログには書いてなかったけど、サッカー見てるよ。先月末から、ヨーロッパのリーグが開幕したからね、完全に時差生活だよ。
リーガ・エスパニョーラでしょ、あとチャンピオンズ・リーグね、それに加えて、EURO2008の予選もあるし、日本代表も各カテゴリーがいろいろ試合をしているから、それこそ寝る間も惜しんで、見まくってるよ。
たとえば、さあ、今週末なんてね、国際Aマッチデイって期間に入ってるもんで、まず日本代表が欧州遠征(対オーストリア戦)に出かけてるわけ。あとU-22代表は五輪予選(対サウジ)ね、そんでもって、EURO2008は予選の天王山=イタリア対フランスがミラノのサンシーロであって・・・ここまでは全部生中継を観た。で、寝てる間に録画したEURO予選のアイスランド対スペインを、起きてから、すぐに見て、今はフジテレビでやってる、U-17ワールドカップ勝戦(ナイジェリア対スペイン)を観てる、と。ハハハ、そうそう。ただのヒマ人ですよ。*1
でもさ。俺みたいな、にわかサッカーファンが偉そうに語るなんて、ずいぶんおこがましいんだけどさ、あえてひとつ言わせてもらうとだね、今の日本代表をね、世界基準・・・ワールド・スタンダードと比較したときにさ、いちばん"レヴェル差"があるポジションは、両サイドバックじゃないか、って思うんだよ、やっぱし。よくいう"FWの決定力"なんてのは、抽象的すぎて、俺にはよくわかんないもん。だけど、そんな差はないはずなんだよ。だって、FWの実力に、いくら差があるチーム同士だってね、サッカーは試合で10点も差が付いたりしないからさ。
たとえば、今朝のイタリア対フランスを例に挙げるとね、決定力でいやぁ、世界一強力なFWが四人・・・えーっと、アンリでしょ、インザーギね、あとデルピエロに、アネルカがいてよ、スコアレスドローだもん。だからさ、結局サッカーは、守備からゲームが作られるんだよ。チョー乱暴に言ってしまうと、何点取るかってことを競うんじゃなくて、相手に何点取らせないか、っていうことを競うのが、サッカーというスポーツの、基本原理なんじゃねーかと、俺は思ってるんだよ。で、もちろん、優れたストライカーっつうのは、その基本原理を、たやすくぶち壊す才能があるわけで、それゆえ痛快なわけだよね。だからこそさ、まず駒野とザンブロッタ(もしくはアビダル)の差を、加地とオッド(もしくはディアラ)の差をね、埋めていく努力をするべきなんだよ!*2
アレッ・・・もしもし、聞いてる??

*1:その合間に巨人対阪神の東京ドーム三連戦も見てました。なんと阪神、怒濤の10連勝。日本シリーズまでに、藤川が故障しないことを祈ってます。

*2:加地はこないだの試合じゃ、シャツを破かれて、ずいぶんイタリアっぽい感じになってましたけど、ね。