おととい前園くんと一緒に訪れた、中央線沿線のある町について、思うところアリ。
自分ではそのフィーリングをうまく言葉にできなかったんだけど、前園くんが、こういう一文を書き送ってくれた次第。

「いつ来てもいまいち(レコードハントの)成果が上がらない街。以前からの街並みに、新参者が<レトロふう>を上塗りしているからだろう、歩いていて非常に疲れる」

いや、ほんと同感。

再開発といえば聞こえは良いけど、その実態とは要するに、カタログ化とテーマパーク化だよね。 ディズニーランドくらい「テッテー的にやれ!」(植木等)ば気持ちイイかもしんないけど、所詮ラーメン博物館やカレーミュージアムレベルだからタチが悪いっつうか。そういうノリで街が改悪されていくことに対して、鈍感でいられる人が多数派だからこそ、総論として歓迎されてるんでしょう。
無論、鈍いからダメだとか、鋭いから偉いと言ってるわけじゃないんだよ。だからこそぼくはもどかしいのだし、ひどく疲れてしまうのです。かたや地方では、街がイオンに吸い取られてる〜!