●つまり恥ずかしい話●今日の内藤×亀田戦を見終わって●やっと亀田家という存在の魅力について●感じ入った次第です●だからといって●これからはどんどん応援したいとか●その逆に褒め殺しするとか●いやらしい他意があるわけじゃなく●彼ら一家の流儀というか●ポリシーというか●まあ世間一般によく知られているそうしたものを●これからもできるだけ貫いて欲しいなぁと●心の底から思えたのですが●それはやっぱり応援なのかな?●だってこんなご時世にですよ●音声も動画も●思いのままに配信することが●誰にだって可能な時代にですよ●ラウンドインターバル中●衆人環視の中で急所攻撃をそそのかしたり●相手のまぶたのキズへ肘を入れろとか●挙げ句は反則負け狙いで●「投げろ!投げろ!」●あなたはできますか?●ぼくは絶対にできません●これはもうひとつの奇蹟といっていい●まぶしいくらいに亜無亜危異●言うならば「アナーキー2.0」ですよ●たとえばほら●例のミャンマーで起きたジャーナリスト殺害の瞬間のように●結局その一部始終が●さらに多くの市民によってビデオカメラで記録されている●そんな状況下にもかかわらず●目の前でカメラ向けてるだけの●完全に丸腰の人間を●至近距離から躊躇なしで射殺できる兵隊が●まだこの世界にいるんです●そして次から次に●新しい殺害の瞬間をとらえた映像が●ニュース素材として流出しつづける●しかも後出しの映像ほど●より詳細に事実が記録されていることの不可思議さ●それもいずれ問題にしたいところなんですが●それはさておき●そんなことなんてまるっきりそっちのけで●今の時代を生きられることは●やっぱり凄いことだよなあと思うわけです●イランで捕まってしまった横浜の大学生●その前にイラクで捕まった韓国人のクリスチャン達もそうだけど●さんざんいろんな人が●あらゆる酷い目に遭ってるというのに●なんでわざわざ行くんだろう?と誰しもが首を捻っちゃうのですが●彼らはきっと●誰かの役に立ちたい●誰かを楽しませたい●そうすることが心から正しいことなんだと●1000%留保なく信じている●もしくは信じていたからこそできてしまう●客観的な立場にいる人間から見たら●空気読めよ!と即座に突っ込めるような状況でも●彼らの留保ない●他者へのピュアな善意が●空気を読むことを阻害することで●彼らは絶体絶命の窮地に●自らを追い込む●ただし●空気は目にも見えないし●形も持たない●耐えず流れていて●変化しているものだから●いつなんどき自分が空気読めなくなるか●わかったもんじゃない●そのことを潜在的に恐れている●そのもっとも些末な証拠のひとつが●周囲の空気が読めず●「ヘタこいたぁ〜」とその場にうずくまりつつ●次の瞬間には「関係ねえ」と開き直る●例のアレ●いま最もポピュラーとされてるギャグなわけで●ヘタこいた人間を●厳格な事実●客観性の高い証拠で追い詰め●瞬時に成敗できる状況を歓迎しながら●同時に萎縮し●心の底では恐れている●そんな時代だからこそ●そんなぼくだからこそ●あなただからこそ●すべての亀田っぽい人たちに対して●心の中では●ガンバレって言っている●聞こえて欲しい●あなたにも●(耳に手をかざし、マイクを客席に向ける)