「本当に価値のあるものごとは往々にして、効率の悪い営為を通してしか獲得できないものなのだ」

効率性の追求は、さすがにもう行くトコまで行った気がするので(甘いですか?)、そこにあえて効率の悪いもの・・・たとえばオールドメディア(ラジオ、新聞、雑誌)の特性を、わざとハイブリッドさせたテクノロジー・・・たとえばYouTubeに上がってるデータの、音声だけを聴くラジオとか、面白くないかな。
近所の本屋で売り切れてたので、まだ肝心の本は手に入れてませんが、文芸春秋社のサイトにアップされていた著者インタビューが面白かった。少なくともぼくは今、相当に効率の悪い営為を繰り返している気がするので、よっぽど価値のあるものが手に入らなきゃおかしいナァ。

走ることについて語るときに僕の語ること

走ることについて語るときに僕の語ること