たくさんのお客さんとたくさんの友人たちに囲まれて、素敵な仕事納めになりました。fourへ遊びに来てくださった皆さん、ほんとうにどうもありがとうございました。DJセニョリ〜(ディージェイキャオリ〜のイントネーションでお読みください)ナさんとも、約一年ぶりの共演でしたが、各々のセット後、約一時間半にも及んだ「back2back」大会も含めて、大満足のプレイができました。今回のオーガナイザーである、しげるサウンドさんが「このコンビの営業をもっとたくさん見たい!」ってしみじみと云ってくれたほど。いや、ほんと楽しかった。ぼく個人も、以前のエントリーに沿った喩えをするなら、総合格闘技のルールでも充分闘えるぞっていう自信が持てたというか、ね。来年はもっとたくさん試合・・・じゃなかった、DJをできればと思ってますので、全国各地のオーガナイザー&DJのみなさん、ぜひお声がけくださいー。*1

★★★★★★★★★★★★★

さてさて、最後になりましたが、今年も一年ありがとうございました。CD一枚と単行本一冊を発表できた去年と違い、これといったリリースこそなかったけれど、原宿のKDDIデザイニングスタジオでトークイヴェント「WEEKENDERS」をスタートし、ゲストにお迎えした高樹くん、小西さん、曽我部くんと共に、とても有意義な時間を持つことができました。また今年は懐かしい旧友たちとの再会が数多くあり、液晶モニター越しのコミュニケーションではなく、フェイス・トゥ・フェイスで話すこと、聞くこと、触れあうことの愉しさ、確かさ、大切さを再確認しました。それに並行して、携帯やインターネットがツールとして熟す一方、肌身離さずそれを持ち歩くときも、メタリックでマシーナリーな異物としてではなく、自然で、アコースティックなものとして、カラダ/ココロの両面により馴染ませる必要があるのかな、と思ったりします。

★★★★★★★★★★★★★

せっかくなので、年の最後に皆さんへなにかプレゼントを・・・と、マイHDDをガサゴソやっておりましたら、昨年12月、PAMライヴ@SALOONでご披露した未発表曲が出てきましたので、無料配信させていただきます。
この曲のタイトルは「東京の戦争 (Lonesome No More) 」と云います。歌メロや歌詞の断片もあったのですが、結局一年間寝かせっぱなし。ただ、作ったときの自分の気持ちを思い出してみれば、偶然にも上に書いたようなことと重なります(冬がぼくをそういう気持ちにさせるのでしょうか)。でも、去年の今頃より、はるかに明るくこの曲は響くし、アイディアとして書き留めていた歌詞の断片は、今のぼくにはペシミスティック過ぎるから、丸めてゴミ箱に放り込んでしまいました。
現時点では音だけですが、この曲に込めた(つもりの)情感とか、メッセージ(の、ようなもの)は、タイトルをヒントに感じていただければと思います。

PAM / 東京の戦争 (Lonesome No More) [Download]*2

★★★★★★★★★★★★★

さあ、来年はネズミ年。ひとに嫌われたり、猫や鳥に追っかけられたり、実験台(モルモット!)にされたりしつつ、瞳はつぶらで、けっこうしたたかで、ちょこまかと動きまくって、わりといつも楽しそうなネズミを見ならって暮らせればいいですよね。チューチュー。
では、来年も皆さんにとって、良い一年でありますように!

*1:そして、今、パーティで披露しているようなスタイルでミックスCDを作ったり、自分のセットリストに生かせるようなトラックなんかも作っていきたいなと考えてます。

*2:ファイルの公開は一週間限定。また規定DL数に達するとリンク切れになることもありますので、あしからずご了承ください。なおmyspaceでも楽曲はお聴きいただけます。