コンビニでしか見かけない食品にうっかりハマると、泣かされるのが世の常。商品の回転がウルトラ速いですからね。他の店じゃまだまだ売れ筋の商品が、手近なお店で姿を消してしまう不自由さを味わったことは、誰しも一度や二度じゃないはず。
というわけで、最近コンビニに寄るたび飲み倒してるのが、ソヤファームの「きな粉」です。豆乳ときな粉の組み合わせ自体は珍しくもなんともないし、第一、原材料的には大豆オン大豆。口の中は常に節分のごとき状態なんで、とりあえず南南東(恵方'08)に向かってストローをくわえる日々なんですが、テイストのストレートさというか、シンプルさにしてやられてる次第。
しかしいざハマってみると、ワンパック200mlがどうにも物足りない。完全に"マメ中"になってたんですね、ぼく。メーカーのホームページを調べてみても、これ以上の大きさは販売されてない様子。近所のスーパーに類似した商品もなく、メール便を出すついでとか、ATMでお金を引き出すついでとか、コンビニへ行くと渋々・・・いや、(豆乳だけに)マメに買い続けていたわけですが、いつなんどき、フイっとお別れさせられるかわからない。
そんな待つだけのオトコでいるのはイヤ!ってことで、1リットル入りのプレーンな調整豆乳と袋入りのきな粉を買ってきました。そこにハチミツをぶっこんで、適当な分量で似たようなモノを作ってみるとアラ不思議。ほとんど同じ味。あっという間に「この支配からの卒業(尾崎)」です。
調子に乗って飲み過ぎると、イソフラボンの効果でおっぱいが膨らんだり、カラダに丸みを帯びたりしかねないので、ほどほどにするつもりですが、とりあえず毎日グイグイいっております。