某TV局に勤務する友人T氏が、D通での打合せ前に昼飯を奢ってくれる・・・つきましてはミズモトさんの地元料理はどうですか?などと嬉しいことを云ってくれるもんだから、断る理由はナシ。しかも大好物の鯛めしが有名な店なんだと。
屋号は「宇和島」。
http://www.uwazima.co.jp/index.html

宇和島大竹伸朗さんのアトリエがある町として有名になったし、彼の作品で散々モチーフにされてたりして、ごぞんじの方も多いでしょう。位置関係をかんたんに説明すると、四国の左側、カジキの上顎よろしく飛び出した部分の根元にあって、人間の横顔に喩えるなら、下唇あたり。ちなみにぼくが住んでた松山市はちょうど眉毛くらいの位置かな。

実は、意気揚々として頼んだ「鯛めし定食」がテーブルに置かれたのを見て、驚いたのですが、下唇における鯛めしと、眉毛における鯛めしはまったく異なる食べ物なのでした。
眉毛ピープルにとって、一般的な鯛めしっつうのは、いわゆる鯛釜めし。鯛以外の具は入ってなくて、せいぜい三つ葉が添えられるくらい。観光客向けの店なんかでは、にんじんや細く切ったこんにゃくといった具材が、いっしょに炊き込まれてることがままあるけれど、そういう鯛めしを喜ぶ地元民は、まずいないんじゃないでしょうか。以前、このエントリーで紹介した、ギノーみそ謹製「鯛釜めしの素」は上で力説したフィーリングがちゃんと反映されてて、鯛と出汁以外はいっさい具が入ってない。
しかし、この「宇和島」で供されてる鯛めしはそれとまったく異なり、写真でおわかりのように、鯛の刺身を出汁醤油と生卵でヅケたものがすり鉢に入ってて、それをあたたかいごはんの上にかけて食べる。たとえば九州の大分なんかで食べられてる「琉球丼」に近い、いわゆる漁師メシ的なメニューなんですね。
もちろん、この「宇和島式」も非常に美味い。奢ってもらったので、なおさら美味い。ただし、この宇和島式が標準的な鯛めしと擦り込まれた人が、いざ愛媛に出かけて、釜めしが運ばれてきたらビックリするでしょうね。カレーをバーモント州の食い物と思いこんで育った人が、インドでカレーを頼んだら、手づかみで食うハメに・・・って、まあそこまで不正確な比喩を書く必要もないのですが、宇和島式の鯛めしは、おそらく愛媛県内よりも新橋でポピュラーな食べ物であることは間違いないと思います!

★★★★★★★★★★★★
D通でのステキな打合せ終了後は新宿へ。
午後四時、紀伊国屋書店前でモリタタダシ君と落ちあい、モリヤンの案内で思い出横丁の「岐阜屋」へ。宇和島発汐留経由岐阜着。ただしこちらは岐阜県との関連性はまるで見出せない中華料理屋。とりいそぎ、蒸し鶏(350円!)を肴にビール。次の予定まで二時間以上あったので、結局、大瓶四本にサワー、チャーハンと餃子も注文して、ふたりで三千円弱。岐阜は物価が安くて住みやすそうです。

★★★★★★★★★★★★

午後七時、後楽園ホール着。ハッスルハウスを観戦。写真は真横の通路を入場していくボノちゃん。しかしその三分後には、タイガー・ジェット・シンの強烈な"かわいがり"でクチャクチャにされたボノちゃん。後輩の高見盛が楽しそうに客席から見守ってました。ちょうど「1976年のアントニオ猪木」で"狂虎シン誕生秘話"を読んだとこだったので、興奮はことさら。後楽園仕様のハッスルはアヴェレージ高し!

★★★★★★★★★★★★
シン、天龍といったレジェンドレスラーの良い仕事にめっぽう感激した我々は、再び水道橋駅前の居酒屋へ。薄い話から濃い話までたっぷりと。
午後10時半にお開きして、午前0時、帰宅。仕事が2、遊びが8の愉快な一日。

1976年のアントニオ猪木

1976年のアントニオ猪木