欧州CLリーグも大詰め。準決勝の残り4チーム中、プレミア勢が3チーム。残りのひと席に座っているのがぼくの贔屓チームであるバルセロナ。ほとんどクジ運だけで残ってきたような気もするけど、このままプレミア勢同士の決勝というのは盛り上がりません。
で、今朝はリバプールチェルシーをネットの生中継で観戦しました。手の内を知り尽くしてるチーム同士の試合なので、3の倍数と3の付く数字のときにアホになり、5の付く数字と5の倍数で誰かを捜してるような感じになり、9の付く数字と9の倍数でイヌっぽくなるようなゲーム内容。
まあ要するに、ひとつのミスも許されず、ひとつのミスでゲームプランが破綻するような展開になりました。
後半のロスタイムも5(ゴ?)分台に突入し、いよいよラストプレイという場面で、リバプールディフェンダー、リーセがヘディングでクリアミス。あと一歩のところで勝利が手からこぼれ、痛恨のオウンゴールで引き分けという結果になってしまいました。リーセは左利きなので、不得意な右足でのクリアを避け、体勢的には不自然ながら、とっさにヘディングを選択したと思うのですが、その慎重さがかえってミスを生んでしまったというのは皮肉。
またそのリーセはファビオ・アウレリオの負傷交替によって、急遽投入された選手だというのも不運のタネ。与えてしまったアウェイゴールは悔やんでも悔やみきれないでしょうが、ここ数年のCLリーグにおいて、さまざまなミラクルを生んできた世界のベニテスが、難攻不落のスタンフォード・ブリッジでまたしても奇跡を呼べるのか、次戦がほんとうに楽しみです。
そして今日は深夜3(サン!)時45(ヨ〜ンジュゴウォ〜ン!?)分から、バルセロナマンチェスター・ユナイテッドの一大決戦。チームのイキオイ的にはまちがいなくユナイテッド有利。ユナイテッドがゴジラなら、今のバルサは"エビラ"レベル。監督問題やロナウジーニョの移籍問題など、ハッキリ言ってチーム状態はガタガタですが、今日の会場は本拠地カンプ・ノウ。引き分けではなく勝利を、そして無失点でしっかり乗り切っていただきたい。
今日は珍しく一部の地域を除いて・・・というか、ごく一部の地域ではCX系で(めずらしく)生中継があります。ぜひともご覧ください。