仕事をしたり、読書をしているときにたいてい聴いてるのが、このエントリーでも紹介したラジオ局「WWOZ」のネットストリーミング。ここ数日は地元ニューオリンズで開催されている「New Orleans Jazz and Heritage Festival」を中継しているんだよね。ぼくがチューニングするのは深夜から明け方が多いので、むこうの昼の部を聴くことが多い。そうなると必然的に大御所というよりも、期待の若手みたいなアクトの演奏が流れてる。

ちょうど今、オンエアされてるのはThe Bad Plusという白人ピアノトリオの演奏。この人たちのことは全然知らなかったんだけど、ジャムバンド的なフィールもあって凄く面白いなあ。ティアーズ・フォー・フィアーズの「Everybody Wants to Rule The World」やAphex Twinの「Film」をカバーしたり、いかにも新世代的なセンス。そしてちょっとティポグラフィカっぽくもあり。

The Bad Plus / Anthem For The Earnest
ぼくの「After the Rain」のバックトラックは、こういうバンドが演奏しているイメージで作りました。


The Bad Plus / Film

ブラッド・メルドーとかもそうだけど、こういう新しい感覚のジャズメンってほとんど日本でまともに紹介されていない気がする。それともぼくが不勉強なだけなのか。どっち?*1

サスピシャス・アクティヴィティ?

サスピシャス・アクティヴィティ?

Prog

Prog

*1:と思ったら何年か前に来日も果たしている上に、日本盤もちゃんとリリースされてる。プロデュースはぼくも大好きなチャド・ブレイクが担当。