ぼくが生まれた昭和44年に「ひみつのアッコちゃん」が、つづいて「天才バカボン」のアニメ版が昭和46年に放映開始されたから、ぼくの赤塚体験はマンガ雑誌より、テレビが先でした。
初めて買った先生の単行本は曙文庫の「モジャモジャおじちゃん」。小学校一年のとき(昭和51年)に発行された本なので、たぶん親に買ってもらったんでしょう。バカボンでもレッツラ☆ゴンでもア太郎でもおそ松くんでもなく、こんなマイナーな作品集を小一の俺が選んだことに、自分のカルマといったものを感じなくもないけれど、他の赤塚作品や、その後、ぞくぞくと登場してくる過激なギャグマンガ・・・たとえば「マカロニほうれん荘」「がきデカ」、赤塚賞出身のコンタロウ江口寿史ゆでたまご小林よしのりのハチャメチャな作品群と比べても、いくぶんペーソスの要素が強い「モジャモジャおじちゃん」のほうが、子供心にしっくりきてたというか、ずいぶん長く愛読した記憶があります。
ちなみにぼくのいちばん好きな赤塚キャラは、オカマの「カオルちゃん」。くだんの「モジャモジャおじちゃん」には、たしかお茶の師匠で出てきたはずで、バカボンをはじめ、いろんな赤塚作品にさまざまな設定で登場するキャラです。赤塚先生行きつけのオカマバーにでも、モデルが実在したんだろうね。笑えるけど、どことなく不憫で哀しいオカマのカオルちゃん。オールタイム・フェイヴァリットなキャラクターであります。
先述したように、ぼくが物心ついたときには、漫画家としてはすでに「余生」のような状態だったともいえる赤塚先生ですが、マンガNo.1とか改名騒動とか「ライブ・イン・ハトヤ」とか「面白グループ」のような伝説的仕事の数々は、これからも折に触れ、影響を受け続けていくと思います。
それにしても。恋女房をふたりとも一緒に連れて逝くなんて、並の男じゃないよ! 不二夫ちゃんはマザコンの鑑なのだ!


赤塚不二夫のまんがNo.1シングルズ・スペシャル・エディション

赤塚不二夫のまんがNo.1シングルズ・スペシャル・エディション

ライヴ・イン・ハトヤ

ライヴ・イン・ハトヤ