先週火曜、江ノ島花火大会の日に、オオクボコウイチ君とバンちゃんが遊びに来てくれました。遠路はるばる来てくれたふたりも、この魔法瓶入りのChillin'水をたいそう気に入っていておりました。

そして夕方、浜辺に出て、花火をみんなで見たあとは、最近、ぼくが凝りに凝っている手作りのタコ焼きを振る舞いました。具は刻んだキャベツ、天かす、ネギ、みじん切りした紅ショウガに、もちろんタコ。ソースは定番のオタフクに鎌田の出汁醤油と鹿児島名物の甘醤油をブレンド。焼きの技術はまだまだだけど、カツオの削り粉をたっぷり入れた生地の美味しさには自信あり。