19 & 20. Mar - Thr & Fri
友人のオオクボ☆コウイチさんから押しつけられた・・・否、貸していただいた「バトルスター・ギャラクティカ」のDVDボックス祭り。シーズン1の後半からシーズン2の最後まで(27話分)を二日がかりで一気見。こういうとき、タイムカードに縛られず仕事できる良さを実感できるわけだが・・・それにしても「ギャラクティカ」おもしろすぎる。泣ける。9.11以降の世界情勢を色濃く反映した重厚な群像劇。SFなんて、海外ドラマなんて、と思ってる人へ激しくお勧めしたい。で、日本語より英語が得意な人以外は、ちゃんと吹替で見たほうがいいですよ。
そういえば、前日にDVDボックスを大久保ちゃんから受取ったのは新宿御苑の正門前〜御苑の真横にあるのは教授の母校、新宿高校〜その後、神保町で(教授の父君ともゆかりが深い)三島由紀夫関連書籍を日本で最も在庫しているであろう「小宮山書店」を覗いたのも偶然〜国際フォーラムでぼくの席の真後ろで見ていた車イスの老女はひょっとしたら教授の御母堂だったかも・・・だからなんだと云われればそれまでですが、こういうことにいちいち意味を見いだせなきゃブログなんて書けないっつの!
そして「ありふれた奇跡」が最終回。