散歩の途中に立ちよった近所の書店で、普段は滅多に手に取らないエスクァイアの最新号をめくってみたら、今月分で休刊。*1
最後に買ったのはいつだったっけ?と、ウチに帰ってからバックナンバーを調べてみると、2002年3月号。うーん、これじゃなんも言えねえなあ。マメに買った雑誌ではなかったけれど、休刊となれば(月並みな言い方ですが)やっぱり淋しいですね。*2

*1:雑誌の「休刊号」には独特のアウラがあるネ。

*2:ほかにも休刊になりそうな雑誌が二、三冊ほどアタマに浮かんでます。編集長が代わる、デザインが変わる、ロゴが変わる、連載陣がまとめて変わる、定価が上がってページが減る、紙質や綴じの方向が変わる、版元が変わる、広告を出してる会社のテイストが変わる・・・エトセトラ。このうちのどれか二つ以上、もしくは全部があてはまる(苦笑)。