先日の読書会のときにお裾分けしてもらったハーブティーにすっかりハマッております。
その名もPUKKA(パッカ)のdetox。
成分は・・・アニスシードフェンネル・シード、カルダモン・シード、リコリス(スペインカンゾウ)の根、コリアンダー・シードにセロリ・シード・・・って、要するにカレーそのものですね。煎れるとニオイはもろにカレー。ティーバッグの状態でもかなりカレー。しかもかなり本格的なタイプのカレー。これをごはんにかけて、お茶漬けにするとカレー茶漬けになる、かというとそうではなく、口当たりはほんのり甘くてじつにオイシイのです。*1
スパイスの効果か、飲めば気分がシャキッとするし、ノンカフェインなので就寝前でも無問題。デトックスの効果はイマイチよくわからないけど、最近仕事がはかどるのは、ひょっとしたらこのお茶のおかげかも。
ティーバッグ20包で千円弱という値段が、高いのか安いのかはふだんこの手のものを買わないぼくには判断しかねますが、こう蒸し暑いとコーヒー煎れる気にもなかなかならないし、お湯を沸かせばすぐに飲めるので、しばらくは重宝しそうです。

*1:あと気に入った大きい理由は、スペインカンゾウの根がぼくのフェイヴァリット・ドリンクであるルートビアの主成分だということ!