評論家の平岡正明さんが死去 ジャズ、落語など幅広く執筆

ジャズや落語など幅広いジャンルで活躍した評論家の平岡正明さんが9日午前2時50分、脳梗塞(こうそく)のため横浜市保土ケ谷区横浜市立市民病院で死去した。68歳。東京都出身。葬儀・告別式は13日午前11時から、横浜市西区元久保町3の13、一休庵久保山式場で。喪主は妻秀子さん。

60年安保闘争に参加して早大を中退後、1964年に評論家デビュー。ジャズや映画などの芸能から、筒井康隆さんらを対象にした文学論まで多様な評論を手掛け、79年の「山口百恵は菩薩である」はベストセラーになった。

落語への造詣の深さでも知られ「大落語」「志ん生的、文楽的」などの著書を残した。

「大歌謡論」で大衆文学研究賞、「浪曲的」で斎藤緑雨賞。「ジャズ宣言」「国際艶歌主義」など著書多数。
2009/07/09 12:24 【共同通信

昨日(九日)深夜のこと。たまたま目に付いた「定本ハナモゲラの逆襲」や「タモリだよ」を書架から取り出して、パラパラと読んでおりました。で、DCBSに出している平岡正明の「ヒトラー学入門」が、
「なかなか売れない・・・」
なんて、池波調でボンヤリ考えていたところ、翌朝なんともタイミング良くZONYからお買い上げがあった旨の報せ。
で、そのメールに「さいきん愛育社という出版社とお付き合いがありまして、そこから出ている平岡氏の近著3タイトルほどを新品(委託品)で預かりました。今日明日にでも出そうと思います」との追伸が添えてありました。
そんなタイミングでこの訃報。驚いたなあ、もう。二ヶ月前に太田竜さんも亡くなったので、三馬鹿ゲバリスタが全員この世から旅立ってしまった。