先日のアメトーーク!を見ていて、つぶやきシローさんは元祖Twitter芸人として、最も"二発屋"の座に近いのでは?・・・と思った今日この頃*1。どんなに忙しくても本を読む時間は作ってるし、ワニブック仕事の一環で目を通さなきゃいけない本もたくさんあるので読書量(パケット)だけは確実に増えてるんですが、反面、夏場の行水のような作業になりがち。で、昨日はひさびさにジュンク堂で新刊を大量チェック。スーパー銭湯的に愉しんできました。やたらと判型を大きく変えた雑誌が増え、ハードカバーもコロコロ並の厚さ×上下巻みたいな本ばっかなので、立ち読みは一種のイニシエーション。
結局、その前に寄った古書店で10冊近くの本をすでに抱えてしまってた上、オリーブ油やパスタなどを業務用スーパーで買い込むつもりだったから一冊も買わなかったというジュウシマツ。帰宅後にアマゾンで頼むのはしのびなく、次回出かけた時に買うとするか・・・と思いつつ、こういう経緯でスルーした本はたいがい古書店待ちしちゃうんだよなあ。昔はほかに選択肢がなかったので、指がちぎれようが肩が外れようが手持ちして帰ったもんだけどね。

*1:三瓶は長年レギュラーを死守しているせいか、あのメンバーの中じゃ格段に高いスキルを発揮していて感心。