昨日の今日でギズモードにこんな記事が。
ほとんど決定事項のように書かれているけど、疑問点はいろいろ。大まかにはこんな感じかな。
・<全面タッチパネル、キーボードレス>という仕様のネットブックがコンシューマーからほんとに待望されていた(いる)のか、という点。
・エキスパート向けの商品か、ビギナー向けの商品か、という点。
・もしビギナー向けに設計された商品と仮定した場合、上掲した仕様は初心者にとって使いやすいかどうかという点。
・OSはどうなるのか・・・iPhone3.0をネットブック仕様にしたものか、Snow Leopardか、また既存のアプリケーションやハードとの互換性は?
・手のひらサイズのiPhoneでさえ135gあるのに、このサイズの本体重量がどれくらいになるのか?
こういったことに対してAppleが回答を十全に示してくれた上で、10万円前後で発売された場合・・・ぼくは欲しいのか? これがいちばんの疑問点。
で、いざ使うとなったら、iPhoneやtouchみたいにこんなデカイタッチスクリーンへ保護シートを貼ったり、シリコンの保護ケースを装着したりしなきゃいけないのかなあ。ひざに乗っけたり、机にべったり置いて使うと、発熱は半端無いと思うんだけどね。
そして、この上にうっかりこの機械にコーヒーをこぼしちゃったら? 隣の空き地から子供の打ったボールが飛び込んできたら? 彼女が水着に着替えたら? ・・・と、ぼくの疑問は尽きません。続報を待つ!