「やりきれないことばっかりだからテレビを見て」いる。もっともテレビばっかり見てたからやりきれないんだけど。
で、まずは「細かすぎて伝わらないものまね」。毎回ほとんどおなじネタなのに、今回はなぜかハマった代走みつくにが個人的に優勝。
そして問題は「ブラタモリ」ですよ。特番で見えた余計な要素がレギュラー化を機に省かれてるといいなあと思っていたんだけど、甘かったネ。
基本的には「世界ふれあい街歩き」みたいに、ステディ・カムの主観的映像+ナレーションでタモさんが歩いてれば充分じゃんって話。タモさんの独りしゃべり(+専門家との掛け合い)で保つ番組なんだから、どうしても女子アナを付けなきゃいけないなら"年増"がイイ。平成一桁入社までの。できれば桜井洋子さんクラスの。若くて武内陶子レベルの。で、カット変わりに入るアイキャッチもイライラするだけだし、わざとらしいBGMだって要らない。*1
結局のところ、タモさんにうんちく語る以外の余計な気を遣わせるな/見てる側にはそこだけを楽しませてくれ、ってことが言いたいわけです。だって、ぼくはタモさんと一緒に街をブラブラ歩くっていう疑似体験がしたいだけなんだもん。
最後に、もしもぼくがこの番組の演出を任されたら・・・と妄想。そうだな、まずほかの街歩き番組との差別化を計る意味でも、タモさんをママチャリに乗せたいネ。坂好きのタモさんだから電動アシスト付きのやつ。ステディ・カム+前かごの部分にCCDを取り付けて、タモさんのアップ映像をフォロー。番組は四十五分ノーカット。自転車で東京の街を颯爽と走るタモさん、ぼくは見たいなけどあ。

*1:最低限のデリカシーとして「ちい散歩」で多用されてるBGMを使うのはやめて〜。