When I'm 40→41

誕生日を迎える直前までNHK-FM小西康陽さんが毎月最終水曜日にやってる番組「これからの人生。」を聴き、ラジオから流れる午前零時の時報で41歳になった瞬間を確認しました。
クラッカーもシャンペンもキャヴィアもケーキも無し。冷蔵庫にあったハムと胡瓜で簡単なサンドイッチを作り、牛乳を飲みながら夜食にしました。二十代の時よりもこの辺の手際は上達したし、こういう意味では年齢を取るのも悪く無いな、と思います。

★★★

小西さんが今回の番組のために選んだ曲の中で、とりわけ良かったのがカーメン・マクレエの「Don't Talk」...言うまでもなくビーチ・ボーイズのカヴァーですが...と、大滝詠一さんの「朝寝坊」でした。

特に後者はそこそこの回数を聴いてるアルバム(「大瀧詠一」...オリジナル・アナログは持ってないので、95年にYoo-Looから再発されたCD)の収録曲なのにものすごく印象が薄くて、小西さんの曲紹介を待たなくてはタイトルすら思い出せないほど。


ライナーノーツによると、先行シングルの「空飛ぶくじら」をアルバムへ収録しないことになり、そのかわりとして作られた、と。だから「空飛ぶ〜」同様、ビートルズの「HONEY PIE」やニルソンを意識した曲調(「The Puppy Song」あたりかな)になっている。またジミー竹内、原田政長、佐野博美、福島照之といったバリバリのジャズ・ミュージシャンに演奏してもらったので、いつも泰然自若とした大滝さんがレコーディング時は非常に緊張したそうです。
そしてTBSラジオ「馬場こずえの深夜営業」のエンディングテーマにこの曲が採用されたのがキッカケで「楽しい夜更かし」が誕生し、タイトルにも共通性があるんだとか。

なるほどタメになりました。しかも、ワールド・カップのせいで連日不規則な生活をしている、今の日本人にはとりわけぴったりくる歌詞でもあります。

なんてことを調べたりしてるうちに誕生日が来ちゃったわけで、41歳になろうが14歳だろうが、やってることはまるで進歩がない。これはきっと「これからの人生。」も同じでしょうね。まったくやれやれ、です。