大人になれば

KGSM2000


鹿児島から突然の嬉しいお誘いが。そしてこのようなイヴェントでDJをすることになりました。

2010年7月9日(金)18時〜
at GOOD NEIGHBORS(旧DWELL playmountain)
※鹿児島県鹿児島市住吉町7-1
DJ:ミズモトアキラ, 奥村朗 (GADGET), SAKAMOTO HIROTO (NINE), 若松徹幹
Information:GOOD NEIGHBORS (099-801-8114)
http://good-neighbors.info/


あらためて調べてみたところ、鹿児島には2006年12月以来(PAMのリリースツアー)なので、実に3年半ぶり。一時期は年二回くらいDJで訪れてた時期があったり、タウン誌「CROWD*1」でライティングからデザインまで手がける連載ページをやってたり、また拙著『D.J.―ディスカバリー・ジャパン』では(今はなき)満遊書店流通センター店や大好きな鶏飯が食べられる「花ん華」や地鶏系の料理が最高な居酒屋「大安」などをフィーチャーして、ヒジョーに微力ながら、私設応援団的に鹿児島をプッシュしておりました。
ここ最近は鹿児島出身の中原慎一郎さん率いる「Playmountain」が強力な旗振り役になって、元relax編集長・岡本仁さん編集の鹿児島レペゼン本『BE A GOOD NEIGHBOR ぼくの鹿児島案内』が発売されたりと、鹿児島はもっともっと注目度の高い街になりましたよね。
で、ちょうど中原さんたちの活動が活発化していった時期と、ぼくが鹿児島と御無沙汰になった時期が見事にクロス・フェードした印象があり、ちょっとだけ淋しい気分になっていたところ、今回、新しく「GOOD NEIGHBORS」の代表になられた藤川毅さんから白羽の矢を立ててもらい、またまた鹿児島とのつながりを回復することができました。ハッキリ言って南九州で猛威を振るった梅雨前線並みにテンション上がってます。

流れる風や眩しい太陽の光までごちそうに思える、ぼくのフェイヴァリット・タウン。おいしいゴハンに日本最強の古本屋、最高に居心地の良いカフェと温泉。指宿や屋久島や奄美にだって行けるし、陸路で熊本や宮崎にも足を伸ばせる〜もしも夢破れて、なにもかも失ってしまったら、きっとこの街に逃げてしまうかも...(「ディスカバリー・ジャパン」鹿児島篇のリードより)

藤川さんに伺ったところ、どなたでも御気軽に寄っていただけるレセプションになってるそうなので、今週金曜日は鹿児島に住む"良き隣人"の皆さんとたくさんお会いできればうれしいです。もちろん入場は無料。ぼくもひさしぶりのラウンジィな選曲でGOOD(グッと)いい雰囲気に盛り上げる所存ですよ。

さらに詳しいパーティインフォメーションとGOOD NEIGHBORSに関する情報はこちら。
http://www.akiramizumoto.com/wordpress/?p=688

<写真>2000年3月、桜島連絡フェリー上にて鹿児島の仲間"GADGET"と常盤響水本アキラ

*1:最近ではいろんなタウン誌がオシャレな作りになってますが、ぼくが関わってた数年前はそういう雑誌は稀少でした。たしかもう一誌シャレオツなタウン誌も出ていて、それも驚いたんだったよな。現在「CROWD」はウェブマガジン形態になってるようです。