ご覧いただきありがとうございました。

[[

先日のKIRINJI-TV、たくさんの方にご覧いただきありがとうございました!
このサイトの集計によると、総視聴者数7,227人/最大瞬間視聴者数1,535人、番組を見ながらツイートしてくださった方が583人でトータルのツイート数が3,930通。要するに、一分当たり19通の新規ツイートがタイムライン上を流れていった計算になります。3秒に一通! そりゃ、生放送中に目で追えなかったはずだな。
それに加えて、たくさんのメールによる投稿も送っていただき、企画者としての面目も立つ素晴らしい反響だったと思います。ほんとうにありがとうございます。
プレオープン後の一時間は技術的にバタバタする部分もありましたが、20時からの正式スタートからはあっという間。泰行の眉間の傷じゃないですけど、ぼくのおでこもパックリ開いて、第三の目が出てくるんじゃないかというくらいフルパワー使いました。まあ、でもやればできるもんだ(笑)。
実のところ、三時間半に及んだ生放送はほとんどの部分が行き当たりばったりでした。いくつかの企画や大枠の進行こそ決めてありましたが、細かいタイムテーブルも無し。本番の一時間前に会場入りしたキリンジのふたりとも事前の打ち合わせはまったく無し。お弁当食べて、雑談しただけ。それもこれも映像班がrock the roots / music rootsのディレクターだった磯野くん率いるチームだったり(なんとも懐かしい絵面だったでしょ?)長年にわたるキリンジスタッフとの信頼関係あってこそ、だと思います。派手な演出や大掛かりなセットはないけれど、そういったぼくたちの関係性とか空気感そのものを放送に乗っけられるというのは、Ustreamという新しいメディアの最も良き側面だと実感しました。
放送後にTwitterやメールなどで寄せていただいた皆さんからの反響、そして自宅から見守ってくれていた友人たちからの感想も概ね好評でひと安心。普段いろんなメディアで目にする彼らより、もうちょっと素に近いパーソナルを伝えることが出来たなら、嬉しいですけど。
本人たちはもちろん、スタッフも大いに手応えを感じてくれたみたいなので、機会を見つけて、第二回、第三回とやれたらいいなって思います。今回の放送を残念ながら見逃してしまった方もその時はぜひご覧になってくださいね。時間帯はこれくらいがいい、とか、こんなことやってくれ...なんて要望があれば、ぜひこちらのメールアドレスまでお送りくださいね。*1]]

*1:当日"#kirinji_tv"のTLで流れた全ツイートをここで読んだんですけど、いちばん衝撃的だったのは「10年ぶりに動くミズモトさんを見ました」ってつぶやき。俺は今話題の非実在老人か!(笑)