心の旅

冷たい風雨に見まわれ、出かけるのが億劫になるような天気でしたが、不思議なもので、そういう時にわざわざやって来てくれるのは素敵な人たちばかりになるようです。小西康陽さんをはじめ、"おひさしぶり"だったマニュエラの山口優さん、"初めまして"だった藤澤志保さんやDMRの廣瀬大輔さん、佐藤彰さんをはじめとしたいずれも"耳利き"の皆さん、そして入場してくださったたくさんのお客さん、手厚くサポートしてくれたオルガンバーのスタッフの皆さんに大感謝。

ふだんのDJではあまり出番のない、ぼくの部屋で鳴るばかりだったレコードが、オルガンのサウンドシステムから大音量で鳴るのはとてもワクワクしましたし、ぼくをいたぶる気満々だったと思われるレジデントの三人(レコード悪魔)からもお褒めの言葉をもらったので、きっとまた参加させてもらうこともありそうですネ。

個人的には、B2Bをやってるとき「メラメラ」をぶっこんできた常盤響に対し、おなじみ「東京イズバーニング」でぼくが応戦し、それに対して前園くんがザ・ダイナマイツの「トンネル天国」を繋いできたときはゾックゾクしました。



暗闇の向こうにどんな風景が広がるのか誰にも分からない…まさに"トンネル天国"。そんなDJをやってるときって心から楽しいのです。